PR

朝ドラ『らんまん』のあらすじが時系列でわかる!(ネタバレも)

らんまんのあらすじらんまん
スポンサーリンク
スポンサーリンク

朝ドラ『らんまん』のあらすじ・ネタバレをお届けします。

キャストや放送日程、主題歌も一覧にまとめました。

さらに、主人公のモデル・牧野富太郎さんのリアルストーリーもご紹介♪

スポンサーリンク

朝ドラ『らんまん』のあらすじ・ネタバレ

「日本の植物学の父」牧野富太郎さんをモデルにした『らんまん』。

神木隆之介さん演じる主人公・万太郎と、浜辺美波さん演じる妻・寿恵子の、夫婦の絆が見ものです。

そんな『らんまん』のあらすじを、時系列でご覧ください。(ネタバレあり)<

万太郎の誕生

江戸時代の終わり、文久2年(1862)3月、坂本龍馬が土佐藩を脱藩。

その1ヶ月後、土佐で酒造業をいとなむ裕福な一家に、男の子が生まれます。

幕末の土佐に生まれたその子が、のちの天才植物学者・槙野万太郎(まきのまんたろう)です。

万太郎の幼少期、家族との別れ…

幼いころの万太郎は、虚弱ながらマイペースで明るい性格でした。

植物への興味が強かった万太郎は、周りの大人たちからは「変わった子供」と思われていました。

母・房子はそんな万太郎を温かく穏やかに見守っていましたが、万太郎が6歳の時に病死。

父親もいなかったため、万太郎は祖母・タキに預けられます。

藩校に入学するも自主退学

タキは、跡取りにふさわしい青年に育てるため、万太郎を藩校に入学させます。

当初は学校生活になじめなかった万太郎でしたが、「植物が載った書物を読みたい」という強い思いから、勉強に熱中ー。学業で立派な成績をあげました。

その後、万太郎は小学校に入学するも、学校教育のレベルの低さに不満を感じて自主退学します。

上京、東京での出会い

万太郎は、上野(東京)で開催される内国勧業博覧会のため上京。

東京で憧れの博物学者たちと出会った万太郎は、植物学への情熱にさらに火がつきます。

そして「日本の植物のすべてを明らかにしたい」と考えるようになり、東大植物学教室で助手として働かせてもらうことに。

教授たちから冷遇されながらも、「日本独自の植物図鑑を編纂する」という夢を叶えるため、植物の研究に没頭します。

『らんまん』主人公のモデル・牧野富太郎の生涯

そんな万太郎のモデルになったのが、「日本の植物学の父」とよばれる牧野富太郎さんです。

牧野富太郎のプロフィール

名前牧野富太郎(まきのとみたろう)
生存期間1862年5月22日ー1957年1月18日
出身地高知県高岡郡佐川町出身
主な作品『牧野日本植物図鑑』

富太郎の幼少期

1862年(文久2年)、土佐国佐川村で生誕。

商家と酒造業を営む裕福な家庭に生まれるも、3歳で父を、5歳で母を亡くします。

6歳で祖父を亡くした頃、元の名前であった「成太郎」から「富太郎」に改名。

その後、祖母に育てられます。

小学校を中退

10歳で寺子屋へ通い、11歳で名教館(佐川小学校に改編)に入学。

しかし、寺子屋の授業を受けてきた富太郎には、小学校の授業は退屈に感じます。

「自分は酒屋の跡取りだから、学問は必要ない」と考えた冨田郎は、卒業を待たず中退。

大好きだった植物採集に明け暮れます。

植物学の勉強に励む日々

中退後の富太郎は、佐川小学校の臨時教員を経験するも、それにも物足りなさを感じます。

独学で植物の研究をするのが、何より楽しい富太郎。

17歳のころには、欧米の植物学まで学びはじめます。

そして、『本草綱目啓蒙』(動植物の情報をまとめた書物)に出会った富太郎は、「日本中の植物を書物にまとめたい」という夢を抱く。

富太郎、上京

その後、帰郷して2歳年下の従妹・猶(なお)と結婚するも、本格的に植物学を学ぶため、22歳で再び上京。

東京大学理学部の植物学教室に出入りしながら、研究に没頭します。

25歳で『植物学雑誌』の創刊に加わると、26歳の時にはかねてから頭にあった『日本植物志図篇』を自費で刊行。

印刷工場で石板印刷を学びながら、自作の絵を載せました。

これが、今でいう植物図鑑のはしりです。

2人目の妻・壽衛(すえ)との出会い

1人目の妻・猶(なお)との夫婦生活については明らかになっていませんが、2人は結婚後間もなく離婚。

そして26歳のとき、東大植物学教室の近くにあった菓子店で、壽衛(すえ)と出会います。

14歳と少女だった壽衛は富太郎のアプローチに戸惑いましたが、その後一緒に暮らし始め、翌年には第一子・園子を出産。

その後13人もの子供をもうけました。

植物学者として活躍

経済的に苦しいながらも、研究のための書籍や資料の購入には出費を惜しみません。

帝大から刊行費用が出ることもありましたが、富太郎と対立関係にある学者から妨害され、中断。

しかし、富太郎は粘り強く研究活動を続け、個人で『植物研究雑誌』を創刊するにまで至ります。

富太郎の晩年

その後富太郎は、77歳まで東京帝国大学理学大学の講師をつとめます。

78歳の時には、富太郎の集大成となる『牧野日本植物図鑑』を刊行。
現在でも販売され続けています。

90代に入ると病気がちになり、94歳で死去。

朝ドラ『らんまん』のキャスト一覧

つづいて、『らんまん』の出演者一覧です。

主人公とその家族

  • 槙野万太郎:神木隆之介澤井梨丘(幼少期)
    主人公,小学校中退ながら「日本の植物学の父」と呼ばれるまでになる
  • 槙野寿恵子:浜辺美波
    万太郎の妻,和菓子店・白梅堂の元看板娘

「蜂屋」本家の人々(高知)

  • 槙野綾: 佐久間由衣
    万太郎の姉,竹雄と共に、酒造・蜂屋を受け継ぐ
  • 槙野ヒサ:広末涼子
    万太郎の母,元々身体が弱く、若くして亡くなる
  • 槙野タキ: 松坂慶子
    万太郎の祖母,女手ひとつで蜂屋を切り盛りする
  • 槙野竹雄:志尊淳
    蜂屋の番頭の息子,万太郎の良き理解者
  • 幸吉:笠松将
    蜂屋に出入り通っていた蔵人,綾の初恋の相手
  • 市蔵:小松利昌
    竹雄の父,蜂屋の番頭
  • ふじ:石村みか
    竹雄の母,蜂屋の女中頭
  • 寅松:嶋尾康史
    蜂屋の杜氏,酒造りの最高責任者
  • たま:中村里帆
    蜂屋に仕える働き者の女中

「蜂屋」分家の人々(高知)

  • 豊治: 菅原大吉
    「蜂屋」分家の小物問屋,万太郎をうとましく思う
  • 伸治:坂口涼太郎
    豊治の息子
  • 紀平:清水伸
    「蜂屋」の分家

佐川で出会う人々

  • 池田蘭光:寺脇康文
    万太郎が通う学問所・名教館の学頭
  • 坂本龍馬(天狗):ディーン・フジオカ
    土佐の脱藩浪士,万太郎と偶然出会う
  • 広瀬佑一郎:中村蒼
    万太郎の学友,最先端の工学を学ぶため渡米
  • 榎木孝明:塚田昭徳
    佐川領主深尾家の家臣
  • 堀田鉄寛:綱島郷太郎
    佐川の町医者
  • 堀田寛太:新名基浩
    鉄寛の息子,万太郎とは親友

高知で出会う人々

  • 早川逸馬:宮野真守
    高知の自由民権運動の壮士,万太郎に「自由」とは何かを説く
  • 中濱万次郎:宇崎竜童
    ジョン万次郎,土佐の漁師だったが、アメリカへ渡る
  • 山元虎鉄:濱田龍臣
    高知の遍路宿・角屋の息子,のちに上京して万太郎の助手になる
  • 楠野喜江:島崎和歌子
    自由民権運動の支援者,「民賢ばあさん」と呼ばれる

十徳長屋の人々

  • 安藤玉恵:江口りん
    十徳長屋の差支配人,住人たちの相談役
  • 倉木隼人:大東駿介
    彰義隊の生き残り,酒と賭け事におぼれた生活をしている
  • 倉木えい:成海璃子
    怪我を負った隼人を看病したことがきっかけで、夫婦になる
  • 及川福治:池田鉄洋
    干物を売る棒手振り,娘と十徳長屋に住む
  • 宇佐美ゆう:山谷花純
    小料理屋の女中,能登生まれの訳あり女性
  • 堀井丈之助:山脇辰哉
    十徳長屋の住人,東大文学部の落第生
  • 牛久亭九兵衛:住田隆
    十徳長屋の住人で、噺家,真打にり長屋を去る

和菓子屋・白梅堂で出会う人々

  • 槙野(西村)寿恵子:浜辺美波
    万太郎の妻,和菓子店・白梅堂の元看板娘
  • 西村まつ:牧瀬里穂
    寿恵子の母,根津で和菓子屋・白梅堂を営む,元芸者
  • 阿部文太:池内万作
    白梅堂の菓子職人,温泉宿の跡取り息子
  • 笠崎みえ:宮澤エマ
    まつの妹,姪っ子の寿恵子の世話を焼く

博物館で出会う人々

  • 野田基善:田辺誠一
    植物学者,万太郎のため東大植物学教室への紹介状を書く
  • 里中芳生:いとうせいこう
    万太郎が憧れる植物学者のひとり

東大植物学教室の人々

  • 田邊彰久:要潤
    東大植物学教室の初代教授,万太郎に大きな影響を与えた存在
  • 徳永政市:田中哲司
    東大植物学教室の助教授,万太郎が教室に出入りすることに反発
  • 大窪昭三郎:今野浩喜
    東大植物学教室の講師,のちに万太郎を共同で論文を発表
  • 波多野泰久:前原滉
    東大植物学科の学生,2年生
  • 細田晃助:渋谷謙人
    東大植物学科の学生,4年生

東大植物学教室のキャストをくわしく見る↓

【らんまん・キャスト】東大生・教授 全12人の出演者一覧
【朝ドラ『らんまん』キャスト紹介】今回は、東京編の舞台「東京大学 植物学教室」についてお届けします。東大生や教授、講師たち全12名の人物紹介とキャストを一覧でご紹介♪「青長屋」と呼ばれたその教室の秘密にも迫ります!

寿恵子と出会う人々

  • 高藤雅修:伊礼彼方
    元薩摩藩の実業家
  • アナンダ・ジェイコブズ:クララ・ローレンス
    寿恵子の音楽とダンスの先生

朝ドラ『らんまん』最終回はいつ?

初回放送日2023年4月3日(月)
最終回放送日2023年9月29(金)

らんまんは、2023年4月3日(月)に放送開始した、108作品目の朝ドラです。

『らんまん』の放送時間

NHK総合
月〜金 8:00〜8:15 | 12:45〜13:15

BSプレミアム(先行放送)
月〜金 7:30〜7:45 | 11:30〜11:45

『らんまん』土日は総集編を放送

「平日は見られない」「1週間分まとめて見たい」という方は、土日の総集編がおすすめです。

BSプレミアム(アンコール放送)
土 9:25〜10:40

NHK総合(総集編)
土 8:00〜8:15
日 11:00〜11:15

朝ドラ『らんまん』ナレーション・主題歌など

朝ドラといえば、ナレーション(語り)主題歌も気になるところ。

作品の世界観を感じられる重要ポイントです。

語り宮崎あおい
主題歌『愛の花』あいみょん

語りは、朝ドラ『純情きらり』でヒロインを演じたこともある、女優の宮崎あおいさん。

そして主題歌は、あいみょんさんの『愛の花』です。

『らんまん』のスタッフ

脚本長田育恵
音楽阿部海太郎
植物監修田中信幸
演出渡邊良雄 ほか

朝ドラ『らんまん』放送日程

第1週
『バイカオウレン』
1話:4/3(月)
2話:4/4(火)
3話:4/5(水)
4話:4/6(木)
5話:4/7(金)
第2週
『キンセイラン』
6話:4/10(月)
7話:4/11(火)
8話:4/12(水)
9話:4/13(木)
10話:4/14(金)
第3週
『ジョウロウホトトギス』
11話:4/17(月)
12話:4/18(火)
13話:4/19(水)
14話:4/20(木)
15話:4/21(金)
第4週
『ササユリ』
16話:4/24(月)
17話:4/25(火)
18話:4/26(水)
19話:4/27(木)
20話:4/28(金)
第5週
『キツネノカミソリ』
21話:5/1(月)
22話:5/2(火)
23話:5/3(水)
24話:5/4(木)
25話:5/5(金)
第6週
『ドクダミ』
26話:5/8(月)
27話:5/9(火)
28話:5/10(水)
29話:5/11(木)
30話:5/12(金)
第7週
『ボタン』
31話:5/15(月)
32話:5/16(火)
33話:5/17(水)
34話:5/18(木)
35話:5/19(金)
第8週
『シロツメクサ』
36話:5/22(月)
37話:5/23(火)
38話:5/24(水)
39話:5/25(木)
40話:5/26(金)
第9週
『ヒルムシロ』
41話:5/29(月)
42話:5/30(火)
43話:5/31(水)
44話:6/1(木)
45話:6/2(金)
第10週
『ノアザミ』
46話:6/5(月)
47話:6/6(火)
48話:6/7(水)
49話:6/8(木)
50話:6/9(金)
第11週
『ユウガオ』
51話:6/12(月)
52話:6/13(火)
53話:6/14(水)
54話:6/15(木)
55話:6/16(金)
第12週
『マルバマンネングサ』
56話:6/19(月)
57話:6/20(火)
58話:6/21(水)
59話:6/22(木)
60話:6/23(金)
第13週
『ホウライシダ』
61話:6/26(月)
62話:6/27(火)
63話:6/28(水)
64話:6/29(木)
65話:6/30(金)
第14週
『ヤマザクラ』
66話:7/3(月)
67話:7/4(火)
68話:7/5(水)
69話:7/6(木)
70話:7/7(金)
第15週
『ヤマトグサ』
71話:7/10(月)
72話:7/11(火)
73話:7/12(水)
74話:7/13(木)
75話:7/14(金)
第16週
『コオロギラン』
76話:7/17(月)
77話:7/18(火)
78話:7/19(水)
79話:7/20(木)
80話:7/21(金)
第17週
『ムジナモ』
81話:7/24(月)
82話:7/25(火)
83話:7/26(水)
84話:7/27(木)
85話:7/28(金)
第18週
『ヒメスミレ』
86話:7/31(月)
87話:8/1(火)
88話:8/2(水)
89話:8/3(木)
90話:8/4(金)
第19週
『ヤッコソウ』
91話:8/7(月)
92話:8/8(火)
93話:8/9(水)
94話:8/10(木)
95話:8/11(金)
第20週
『キレンゲショウマ』
96話:8/14(月)
97話:8/15(火)
98話:8/16(水)
99話:8/17(木)
100話:8/18(金)
第21週
『ノジギク』
101話:8/21(月)
102話:8/22(火)
103話:8/23(水)
104話:8/24(木)
105話:8/25(金)
第22週
『オーギョーチ』
106話:8/28(月)
107話:8/29(火)
108話:8/30(水)
109話:8/31(木)
110話:9/1(金)
第23週
『ヤマモモ』
111話:9/4(月)
112話:9/5(火)
113話:9/6(水)
114話:9/7(木)
115話:9/8(金)
第24週
『ツチトリモチ』
116話:9/11(月)
117話:9/12(火)
118話:9/13(水)
119話:9/14(木)
120話:9/15(金)
第25週
『タイトル未定』
121話:9/18(月)
122話:9/19(火)
123話:9/20(水)
124話:9/21(木)
125話:9/22(金)
第26週
『タイトル未定』
126話:9/25(月)
127話:9/26(火)
128話:9/27(水)
129話:9/28(木)
130話:9/29(金)

朝ドラ『らんまん』のあらすじ|まとめ

『らんまん』のあらすじ・ネタバレを解説!

ということで、神木隆之介さん主演『らんまん」の放送日やキャスト、あらすじについてお届けしました。

「日本の植物学の父」と呼ばれる牧野富太郎さんをモデルにしたこの作品。

SNSでも好評で、視聴率も最終回に近づくにつれて上昇しています。

そんな『らんまん』の最新情報は、当サイト(朝ドラカフェ)にて速報中!

朝のホッと一息タイムにお越しください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
桜木モカ

元テレビディレクターの、桜木モカです。スポーツ・バラエティ・ドラマと、12年間で約60番組の制作に携わりました。
長く担当させてもらったのはドラマ制作で、アシスタントからプロジェクトマネージャーまで幅広く経験を積んでいます。
今も年間50作品以上の新旧ドラマを視聴。朝ドラは完璧にチェックしています!

桜木モカをフォローする
らんまん
朝ドラカフェ

コメント