Ripy[リピー]|エンタメ、カルチャーを楽しむリスナーマガジン

Ripy[リピー]|音楽アーティスト アイドルを楽しむリスナーマガジン

Perfume7年ぶりリニアモーターガール披露!!10年の軌跡

2014年9月22日

perfume

Perfumeがアリーナツアー「Perfume 5th Tour2012『ぐるんぐるん』」の最終公演を9月21日に
東京・国立代々木競技場第一体育館で行い、そこで7年ぶりに彼女たちのメジャー初のシングル「リニアモーターガール」を披露した。
2005年にこの曲をリリースしてから10年目となる。

リニアモーターガールはPerfumeにとって分岐点となった楽曲であり、
当時はPerfumeの知名度を上げることに貢献した楽曲だ。

なぜ今まで披露しなかったのか。その理由として、あ~ちゃんが「盛り上がりに欠ける(笑い)」」と言っている。今回のライブでは「未だにリニアがどういう意味なのかわかっていない」などと暴露し、オーディエンスの笑いを誘った。

今では全米デビューも決まり、技術的にも最先端を走り世界でも注目を集めているPerfumeだが、2005年リニアモーターガール発売当時、彼女たちPerfumeは無名だった。
あれから10年、その時のPerfumeを知らない世代もたくさん出てきただろう。

それまではふつうのアイドル路線でアイドル歌謡を歌っていた。
ショッピングセンターのイベントなどに出演し、客が1人2人しか居ないという状況が続いていた。言わば量産型のどこにでもいるようなアイドルだった。
このまま終わるかもしれない、売れることはもうないのかもしれない。
そんな日々が続いている売れないアイドルだった。

しかし中田ヤスタカがPerfumeをプロデュースするようになってからすべてが変わった。
その分岐点が「リニアモーターガール」という曲だ。
当時のあ~ちゃんは「なんだかピコピコした音ばかりで気に入らない」
という発言もしていたが、中田ヤスタカとPerfumeという組み合わせは音楽文化を発展させるまでになったのだ。その勢いが上がるにつれてPerfumeの3人もすべてを受け入れるようになっていった。

彼女たちの知名度を上げたのは始めはネットだ。
リニアモーターガールやエレクトロワールドなどの楽曲が、ニコニコ動画で使われたことがきっかけでPerfumeの知名度は上がり、そこから全国メディアへの展開も広がっていった。

Perfumeを人気にさせたのは楽曲だけじゃない、夢を追い続け諦めない姿、
当時は彼女たちの努力している姿、売れなかった頃の3人の姿を収めた動画が投稿され話題になったものだ。

あ~ちゃん、のっち、かしゆかの3人の健気で素直で、率直で頑張る姿が多くの共感を呼んだ。

あれから10年経った。

メジャーデビュー、地上波音楽番組出演、オリコンチャート1位、紅白出場、武道館ライブ、アリーナツアー、東京ドームライブ、ワールドツアー、全米デビュー。

彼女たちは大きく飛躍した。ひとつひとつの階段を登ってきた結果が今ここにある。
広島から生まれたこの3人は、今や世界へ進出しようとしている。

そして10年ぶりに披露された「リニアモーターガール」
10年間Perfumeを見てきた人達にとっては非常に感傷深いことだろう。

 

Perfume 公式サイト
Perfume グローバルWebサイト

Perfume WORLD TOUR 2nd [Blu-ray]

関連記事
Perfume全米デビュー決定!!ヤスタカサウンド世界へ!!
Perfume スタッフ共同でリリックビデオ完成!!リリックビデオって!? 新曲「Hold Your Hand」

【MV】 Perfume - リニアモーターガール 2005年

 

【MV】 Perfume - コンピューターシティ 2006年

 

【MV】 Perfume - エレクトロ・ワールド 2006年

 

最新シングル [MV] Perfume 「Cling Cling」

 

Perfume WORLD TOUR 3rd -Trailer-

 

[MV] Perfume 「FAKE IT」

 

[MV] Perfume「Spending all my time」

人気の記事

こんな記事もあるよ