Ripy[リピー]|エンタメ、カルチャーを楽しむリスナーマガジン

Ripy[リピー]|音楽アーティスト アイドルを楽しむリスナーマガジン

aikoやYUKIの曲の変なメロディー コード進行 恋愛メンヘラ歌詞

2018年01月24日
aikoやYUKIの曲の変なメロディー コード進行 恋愛メンヘラ歌詞

恋愛を歌にする

スポンサーリンク


普通の曲ってなんでしょうね。普通の歌ってなんでしょう。どんなメロディーがヒットするんでしょうか。王道のコード進行ってなんでしょうか。そんなものがあるなら誰でもヒットシンガーになれてますよね。よくこのコードさえ押さえておけばJPOPなんて簡単に作れるし、ヒット曲なんて誰でも作れる、なんて言われてるけど誰もがヒット曲を作れていない現実がある。むしろ、王道じゃないほうが支持されているし売れているんじゃないだろうか。ゲスの極み乙女。だってメロディー、コード進行、変だろう。

変なくらいが丁度いい。恋愛だってひとつに限られたものじゃない。王道の恋愛なんてどこにもない。誰もがおんなじ恋愛をしてたらなんてつまらないんだろうか。歪だから恋愛は答えがないんだろう。だから、王道展開なんて週刊少年ジャンプだけでやってくれ。ジャンプが恋愛を描かないのは歪で汚いものだからだ。少年の心を汚してはいけない。

前置きが長くなりましたが、aikoやYUKIの曲ってなんか変なメロディーなのにクセになりますよね。あれって恋愛と同じなんじゃないでしょうか。

スポンサーリンク

aikoやYUKIの恋愛歌詞


恋愛の教科書。バイブル、スタンダードを歌っているのって誰かなぁって思い浮かべたのに、色々出てくるわけです。

例えば西野カナ。

でも西野カナはまるで小学生向けの少女漫画を見ているような感覚なんですね。小学生女子のオママゴトじゃないですか、アレ。トリセツなんてよくよく考えて見てください。取扱説明書ですよ。完全に「物」じゃないですか。女を物扱いしてるんですよ。物扱いされてるのに大切に扱ってね?男女平等を嘆く割に、女性進出社会を主張する割に言ってることが完全に矛盾してるじゃん?女は矛盾する生き物だから仕方がない。女に理屈は通用しない。

だからトリセツとか認めちゃダメですよ。全ての女がトリセツの女として見られるんですよ。個性なしか。女ってロボットなんですか。

それに比べてaikoやYUKIの歌詞、見てください

「キラキラ」aiko

「羽が生えたことも 深爪した事も
シルバーリングが黒くなった事
帰ってきたら話すね
その前にこの世がなくなっちゃってたら
風になってでもあなたを待ってる
そうやって悲しい日を越えてきた

明日は来るのかな?
きっとちゃんとやって来るよ
仲良しの友達 励ましてくれた四つ葉の緑

想い悩み溢れる程
眠れぬ夜迎えてばかり
あなたを好きという事だけで あたしは変わった」

「milk」 aiko

今日も鏡で笑顔の練習
上手く笑わないと 落ち込むのは自分自身
寝たら夢の中あれもこれも見て
目が覚めたら 恋に堕ちてる事もある

ねぇ 目を見て ねぇ 口見て
雪もミルクも霞む静かなスロウな
真っ白い光に一緒になりたい

「冷たい嘘」aiko

しかし連絡がないな ずっと待ってるのも堅苦しくなってきた
いらぬ想像は宇宙をも超えるな あなたの隣に誰も居ません様に
ただ恋しいだけなのに あなたの背中だけ笑って
見つめて行きたい それだけなのに

「寒いね…」aiko

今から泣いてばかりよ
元気でいるの?

この世で初めて見つけた宝物だった
あなたに逢えなくなるなんて
鳴りやまない空の静けさに 耳が痛い
ぶつかった星は消えてしまった

女なんて全員メンヘラ・・・aikoを聴けばそれがわかる。メンヘラ女子の神だぞ。

一方、YUKI。

「ハミングバード」YUKI

せいいっぱいの恋愛で、神経質でスリープレスナイト
楽しんだぶん ヘビーウェイト ああ 泣きたくなるんだ
Search light on me, you are my sun.
私だけを照らす太陽
かんちがいでいい 思いたいよう
やさしく 抱いていてよう

「ビスケット」YUKI

いつだって 逢いたくて 涙の海でおぼれた
抜け出して 逢いに来て 月を味方につけて
強がって 絡まって 困らせてる ごめんね
目の前で 勇気出して あなたの額に触れた
ゆらゆらと影を わざと踏んで歩いた 坂道を
身体よりもっと 近づいてよ
ポケットに忍ばせた 甘いビスケット
あなたに半分だけあげるよ
始めたばかりの つらいダイエット
ううん その他うやむやのせいにして
私があなたを好きな理由
100個ぐらい 正座して ちゃんと言えるから
ぶかぶかで青い 背の高い あなたのセーターを掴んだ
想いは強い! 鼓動よ届け!!

はあ。。。っもうお腹いっぱい。
これだよこれ!
恋愛ってのは疲れるし、女は基本メンヘラなの。

aikoの歌詞に共感したらメンヘラ


オンナって全員、メンヘラ気質、というか絶対メンヘラなんですよ。いっつも死にたいとか消えたいとか言いながら男のこと考えてる。でも実際は死にたくもないし、痛いことは嫌い。むしろ日常的に痛い。だから死にたいとか言ってる女に本気で向かってたらこっちが殺される。それくらい歪な生き物が女。病む。たぶんホルモン分泌が関係してる。女性ホルモン。大豆イソフラボン取りすぎ注意。

そんな歪なものなのに、綺麗な恋愛物語なんて作れるわけがない。だから夢を見て西野カナとか聴くんだよ。でもaikoやYUKIは違う。リアル。どっちかっていうとaikoはガチのメンヘラで、YUKIはポップなメンヘラ、いやメルヘン。

aikoに共感できるのは20代まで。30代以降はYUKIに移ろう。これマジ。若いときはaiko聴いてて共感ヤバイってなるけど、ずっとaiko聴き続けてると結婚できません。当の本人とおんなじ。半分国分のせい。

20代はaiko、30代はYUKI。これで行こう。あと2人の歌詞も年齢とともに変わっているからそこにも注目してもらいたい。

まとめⅠ(通常盤) / aiko

関連記事

人気の記事

こんな記事もあるよ