Ripy[リピー]|音楽アーティストを楽しむリスナーマガジン

Ripy[リピー]|音楽アーティスト アイドルを楽しむリスナーマガジン

ジャニーズが30代でも独身だから余裕かましてる、恋愛に臆病な殿方様へ

2017年11月07日
ジャニーズが30代でも独身だから余裕かましてる、恋愛に臆病な殿方様へ

結婚、しましょう

スポンサーリンク

少子化が加速し、老人大国へ進んでいる我がニッポン。若者1人で老人3人くらい抱えなきゃいけない時代が来るらしいよ。老人ホームだらけになるらしいよ。廃墟化する町が増えるらしいよ。右を見れば老人、左を見れば老人、老人を右から見るか左から見るか、世はまさに大老人時代。

そんな老人大国を打破するには結婚して子どもを作ってくださいと安倍さんも言ってますが、周りを見ればまだまだ大丈夫、いけるでしょと余裕をぶっかましてる男性諸君がちらほらと見受けられる。そんな男性が増えたのはアイドル、主にジャニーズさんのせいだと思いませんか?いやいや、君はジャニーズじゃないんです。

今日は早く結婚しましょうという、恋愛と男と女、少子化についてのお話をしたいと思います。すみませんが音楽なんて1ミリも関係ありません。

スポンサーリンク

ジャニーズっていつの間にか30代、40代も主流になりつつあるじゃないですか。

ジャニーズじゃなくてもアイドル全体が高齢化が進んでいるんですよね。もうこの国の年齢的な基準感覚がおかしなことになってきてる。30代でアイドルをしている彼ら、彼らだって、

「あれ、俺なんでこんなダンスしてんだろ・・・?」

ってふと思うときがあると思うんですよ。

だって30代ですからね、30代。周りの30代に聞いてみたらいいよ、あのダンスできる?って。
30代一般男性なんてNHKニュースとディスカバリーチャンネルしか見てないような年代ですよ。娯楽、エンタメ、その他諸々、20代まで楽しめてたものなんて一気に冷めていくのが30代。ゲームとアニメ、音楽、Youtube!SNS!こんなに楽しめる娯楽がある!結婚!?コスパ悪いし嫌だ、一人最高~!とか言ってる青臭い20代の男子。残念だけど、それ5年後に全部飽きてます。消費し続けた5年後、虚無ですよ。

アイドルって大変…

アイドルは仕事だから30代になってもラブソング歌えるんです。

そう仕事、ジョブ。みんなに見られるときだけアイドルにジョブチェンジしてるんです。ビジネスアイドルってやつです。それなのにアイドルと、主にジャニーズと同列に自分を語る男性の皆様は思考が停止している、もしくは結婚できないことへの誤魔化しと安心感、かもしれません。

先輩方が後悔している、それを見て早めの行動をしている若い男の子は頭が良い。

ジャニーズの皆さんだってアイドルという職業につかなかったら多分とっくの昔に結婚してると思いませんか。あれだけカッコよくてモテる、才能も豊か、演技や歌もできる技量もあるわけですし、元々のポテンシャルの高さが一般人以上なわけです。ただアイドルという枷があるから結婚はできません。アイドルにとって結婚=アイドルとしての死です。墓場ですね。一般人とおんなじですね。結婚なんて墓場だからやる意味ない。いややれ、少子化改善!ニッポン復興!

アイドルって結婚したら人気が落ちるんです。アイドルってプライベートは見せちゃいけないんです。偶像なんです。半身アイドル界に突っ込んでた福山雅治さんの人気の落ちっぷりを見たらわかりませんか。彼の人気って独身であることだったんですか?楽曲は?音楽は?いくら見た目が良くて声が良くて、話が面白くても、結婚した途端に離れていく。あの人の価値は音楽ではなく、独身という体裁を含めた"存在"そのものだったんですね。福山さんですらそれなのに、ジャニーズが結婚したら地獄へ真っ逆さまじゃないでしょうか。

アイドルって大変なんですね。

アイドル本人が何この歌だっせえな・・・って思ってもやらなきゃいけないんです。無理やり笑顔作らなきゃいけないんです。それが彼らの仕事だから。ファンのためです。この作業、この仕事、やってる意味あるのか・・・何のために私は・・・一般人と同じですね。

アイドルってものすごく大変ですよね。でもその分ちやほやされるし、承認欲求は満たされるし、嫌というほどモテるし、人気になれる。なれるけど、「自分」はあまり出せない。自分が思ってるいることとは正反対のことを言っているかもしれません。アイドルとしての自分、作られた自分です。嫌だと思ったことも無理やり発言しているかもしれない。

時と場合によっては枕営業、女性アイドルであれば脱ぐ。でも女性でアイドルになりたい人は、基本自分を見られたい人だから脱げと言われれば結構簡単に脱げるんですよ。女はその場の感情で物事を判断できる柔軟な思考回路が備わっています。

でも男性は理性が強く働いているんです。言われたまま成すがままの偶像、お人形でいいわけがない。自分が思ってることを言えないんですよ。しかも恋愛も結婚もできないんです。

言いたいことも言えない、恋愛も自由にできない。
ちょっとおかしくなっちゃうのも許してあげてください。

男性アイドルって大変ですよね・・・もう尊敬しかないですよ。

なんてキツい苦しい仕事なんだ。心が壊れてたまに死んだ魚の目みたいになってるアイドルいるじゃないですか。あれ見てるともう楽になれよって思いませんか。それでもアイドルに夢を見るんですか!?

夢を売るアイドルは結婚はできない。商売道具に傷がつく。

スポンサーリンク

恋愛、しましょう

それなのに嵐がまだ30代で独身だから、関ジャニが30代で独身だし、晩婚化だし大丈夫っしょとか言ってるアラサーオジサンはおバカさんなのかな、頭がゆるいのかなってきっと周りの女性陣から思われてます。

いや、結婚とかコスパ悪いし!金ないし!

とは言っていてもそれなりの子が近づいてきたら行ってしまうんでしょうね。

受け身、その受け身体制もうやめまんせんか?

傷つくのが怖いから
結局は臆病なだけなんじゃないでしょうか。

女に相手にされない、ってその前に行動してほしいんです。

女に相手にされないんじゃなくて、何もしていないだけなんです。何もしてない、行動していないのに出会いがない、相手にされていない、ジャニーズはまだ独身だから大丈夫なんて言い訳を取り繕ってる間にあっというーまに加齢臭漂いますよ!

行動力のある、もしかしたらジャニーズに入れてたかもしれないような良い男、一般の良い男、彼らですら行動しなきゃ結婚はできないんですよ。頑張って行動した末に20代~30代前半でゴールイン!してるのに!君らはいったい何をしているんだ!?そこで待っていても何も起きません。

家と会社の往復で出会いがあるわけがない。

家と、そして会社を行き来、同じことを繰り返しているのに「出会いがない」と嘆く。
そんなこと3日もあれば気づきませんか!?

受け身体質の男性のみなさんへ

待っているだけで何かが来ると思っている男性って今の時代にめちゃくちゃ多いんですね。一体そこで何を待っているのか知らないけど、待ってるだけじゃ電話はなりませんし気づいたら生涯童貞、孤独死一直線です。

一体何と戦っているのかっていうくらい素直じゃないですし、世の中を斜めから見下しているネット脳の男の人って多いんです。彼らは電脳化されているのかな。一つの回路で電脳化されてるかと思うほど量産的におんなじ思考なんですね。

ハロウィン?メディアが作り上げたものに乗っかってるバカばかり。クリスマス?死ねばいいのに。ナイトプール?アホしか行かない。インスタ映え?クソ気持ち悪い。

バカの一つ覚えみたいにこんな感じです。

でも・・・本当は君たちも楽しみたいんだよね。でも自尊心とプライドがそれを許さない。本当は自分のことを分かってもらえる、優しく頭を撫でてほしいお姉さんが欲しいだけなんだよね。うんわかる、良い子。

思ってるだけじゃ何も起きませんし、ネットで吐き出したところでお姉さんは現れません。

ずーっと童貞のままだよ?本当はセックスしたいのに我慢してる。その無駄に肥大化したプライドさえ捨てればすぐにでもできるのに…

ハロウィンを楽しんでいる人たちのほうがよほど素直で真面目、世渡り上手だということに気づいていないんですね。

「俺らがハロウィンに行ったところで出会いも起きないから」

あぁまた最初から諦めの負けモード。

別に出会いがなくたっていいんだよね。最初の1歩を踏み出してほしいよって話なんです。ハロウィンに行ったら、「あぁこんな世界ってあったんだな」って自分の中で新しい感情が生まれるかもしれない。その感情によって凝り固まっていた自分自身の枷みたいなものが少しずつ剥がれていくかもしれない。それをきっかけにして、また次の場所へ行く気持ちが芽生えるかもしれない。それを繰り返すことによって、自分が変わり、周りの環境が変わり、出会いが生まれる。という未来に向けての第1歩の話なんです。それのみで出会いを見つけて彼女を作れなんてリア充のイケメンくんでも難しいんだからさ。徐々に身体と精神を慣らしていくことが大事なのは、どんなことにも通じることなんじゃないでしょうか。

待ちの男子は真面目でもなんでもない、ただ檻の中で自分を守ってるプライドだけ高い行動力のない臆病者なんです。それに自分でも気づかず、世の中を見下すことによって自尊心を保っているんじゃないんですか。

でも彼らにいきなりハロウィンに行けと言っても行けません。
男にとってプライドを捨てることは=死 
ハロウィンに行くくらいなら彼らは死ぬでしょう。
男ってバカですね。

「恋愛のやり方、学校で習わなかったし。どうやればいいか教えてくれなかったし。OJTしてないし。」

はぁ受け身。君たちみたいのってどんな仕事でも与えたらしてくれそう。

今から恋愛の授業を始めます。起立、礼。着席。
3限目「恋愛」
スマホで黒板撮ってください。

スポンサーリンク

彼女を作るなんて簡単!

ネットに毒されてしまった受け身な男性ってまぁ今の世の中山のように溢れていますが、女の8割、いや9割は恋愛において受け身体質って知っていますか?

例えば君たち受け身男子が男性の約4割を占めているのなら、女性の受け身は9割超え。

受け身×受け身、一生出会わずにジ・エンド。

女って基本的に来てほしいんですよ、攻めてきてほしいんです。私だけの王子様を待ってるんです。私だけを愛してくれる人を待ってるんです。基本待ちの姿勢、基本は受け身、家で男を待つ、それが女。

男は狩りに出るのが太古から続く遺伝子レベルの本能的要因。

狩りに出てたくましい男ほどモテるんです。いくら情報化されて文化が細分化された時代だとしても、人間の本能は変わらない。それなのに待ち、受け身、家の中。

女が狩りに出ますか?それ1000人に1人くらいの戦士です、超凄い女。女性進出社会とか、男女平等社会とか言ってもね、性差ってどうしてもあるんじゃないでしょうか。本能的に違うし、脳も身体も違うんです。

自分から積極的にアピールする女はいても、自分から告白する女なんて100人に1人くらいしかいません。自分から積極的にアピールできる女もきっと50人に1人くらいです。

「私、肉食系!」自分から肉食宣言、その女はまずやめておいたほうがいい。

その確率に受け身である男が入り込むこと、宝くじを当てるほうがまだ上手くいく。1日で会う異性の人数、何人?きっと数人じゃないですか?職場によっては0かもしれない。男が女が何十億もいるからといって、その何気ない日々がずっと続くとしたらそこにいる人から選ぶしかないんだよ。しかも基本待ちの姿勢なんだから。待ちの姿勢なのに、

そのうちとんでもないことが起きて、いきなり美女が空から降ってきて、交差点で美女とぶつかって出会ってしまって、そんなこと死ぬまでありませんさようなら。

自分が今いる環境の中から選ぶしかないんです。まずここ。ハロウィンにもフェスにも街コンにも行けないのなら、そこ。今いる環境の中にいる人から選ぶしかないんです。

「いや、ブスしかいねえし」

いやーいやいやいや、鏡!か・が・み!相手にも選ぶ権利はあるのに、何を言ってるのかな。自分を神格化しすぎている。そんなに偉いんですか?同じ空間にいる時点で似た者同士なのに何言ってるんですか。相手を尊重してこその恋愛、小学生じゃないんだから相手の気持ちを汲み取りましょう。

じゃあまず自分を客観視してみることから始めてみてはどうでしょうか。

受け身男子の多くは受け身なため、今までの人生で他人と接することを拒んできており、自分で作り上げた肥大化した自尊心のみで自分を保っている。自分という存在を作っていくのは「他人」なのに、積極的に他人と接していないことで自分の自己評価が狂ってるんですよ。

まず自分の顔、

とりあえず「自撮り」をしましょう

鏡の中の自分は左右反対なので、他人が見ている自分じゃない。

自撮り女子のほうがよほど自分を分かっているんじゃないでしょうか。

自分のその顔、イケメンじゃないのなら相手も同レベルしか求めちゃいけないことを認めましょう。

「自分は結構イケてると思ってる」

いや、その自己評価がおかしいの。今まで生きてきてカッコいいね、イケメンだねって言われたことあるの?ないのなら君はカッコよくはないの、モテないの。だから同じような女の子しか相手にはできないってわかってほしいんです。ごめんね。

「じゃあ彼女なんていらない」

だからその諦め負け根性をどうにかしようよ。

嘘ですよ、イケメンじゃなくたって、顔面レべルが低くても、彼女何人も作ってる人もいるじゃないですか。その人たちだって最初から上手くいっていたわけじゃない。見えないところで敗戦を繰り返して、涙流してアホ面晒してその域にたどり着いている。彼らはステップアップしてここまで来た。

イケメンじゃなくたって美人を連れてる人、いませんか?

彼らは超戦って勝ち取った勝利なんですよ。 むしろね、イケメンってちやほやされて生きてきたから戦い方を知らないんです。だから意外とイケメンくんのほうが、ん?って子を彼女にしています。あれは女のほうから擦り寄ったパターン。

でもみんながみんなイケメンじゃない。
イケメンじゃない男は戦わなきゃいけない。

受け身男子多くは1敗もしていないのに、

「彼女なんていらない」

とんだ甘ちゃん野郎だよ。弱さをイコール真面目と結びつるんじゃねえ。

そうなんですよ、経験がものをいうのです。

今の自分に見合ったモンスターを倒し、経験値が増えればレベルも上がり、良い武器も買えるし強い魔法だって使えるようになる

それってとっくの昔に習ったことじゃないんですか?

「今更始めても恥かくだけ、もう遅いって」

もう一生そこで石みたいに座ってろよ。
それか石の下のダンゴ虫君でいてください。

そうじゃなくて進もうとしているあなたへ。

ワンポイントだけで良い

ほんのちょっと気に入った!ってところがあればそれで良いと思うんですよ。十中八九すべてが自分の好みだ!なんて異性が現れることはないんです。それファンタジーの世界、ゲームの世界、理想のお姫様は現れないの。心がピュアなのは良いことだけど、ピュアだけじゃ現実は生きていけないんです。

ワンポイントでいいんです。例えば顔はあんまりだけどこの子明るくて良いなとか、落ち着いてる雰囲気が良いとか、美的センスが良いなとか、おっぱい大きいでもいいよ。

一つだけでも気に入る部分があるんならアタックチャンス!その子たちは受け身で今か今かと待っている、そう今しかないんだ、モンスターボール投げろ!

あと受け身な男子くん達は付き合うってことにピュアになりすぎてるんですよね。付き合うにはまず告白・・・!記念日には盛大なプレゼントをあげる!・・・デートプランを事細かに練る・・・!
LINEの返事はどうする!? 既読無視されたらどうする?スタンプを押すタイミングは?

ああでもないこうでもない、ああしなきゃいけない、こうしなきゃいけない。

重い・・・!重いんだよ。ピュアすぎて重いの。
ネットで調べすぎなんです。
ネットの恋愛ネタなんて適当な記者がお金のために書いてるだけなんだからさ。

「今度ご飯でも行きません?」
「美味しいとこ見つけたから行かない?」

これでいいの、たった一言それだけ言えばいいんですよね。

もちろんある程度コミュニケーションを取ってからですケド。いきなり誘うんじゃないぞ。どこの馬の骨かもわからん奴にいきなり「金貸してくれない?」って言われるのと同じなんだから、ある程度話をして打ち解けてからにしてくださいね。

もう人間対人間の話し方から講座しないと無理なんでしょうか。

そこから仲良くなって、付き合おうって言えばいいことなんだからさ。

もし断られたら、次に行けばいいし、またチャンスがあったら間を空けてから誘ってみればいい。それを繰り返していくことでみんな異性慣れしていったんだから何も怖いことじゃないんです。相手だって心のある人間なんだから、1回誘ったくらいであなたのことを嫌いになることはありません。もし嫌われたのならそいつは地雷原、あなたの見る目がなかっただけです。

傷つくのが怖い・・・!怖い・・・!これが根底にあるから出来ないんですよね。リスクがある・・・!もし嫌われたら・・・!ゲームはリセットボタンがあるのに・・・!

でもね、傷つくのが怖いのは誰であろうと同じなんです。

どんな有名人であれディスられれば傷つくしムカつくし、どんなイケメンくんだって叩かれれば泣いてるでしょう。

それは普通の人も同じ、みんなある程度傷ついた先に勝ち取ったものなんです。

それなのに君らは、一瞬でも傷つこうとしない…
傷ついて戦わなきゃレベルは上がらないのに…!

1ダメージも傷ついていないのならレベル1で、最下層のカースト最底辺にいるのは当たり前じゃないですか。

それに現実にはリセットボタンはあります。
死ぬんじゃないんだからいくらでもリセットできるんですよ。異性の数は一人じゃないんだから。世界を広げて、視野を広げて海へ出てください。ネットの海ではなく、現実という海へ船を出そう。

えーそろそろ時間ですね。

最後になりましたが、君らみたいな男子に一番幸せになってほしいんです。誰にでもどんな人にも幸せになる権利があります。悪いことは何にもしてこなかったし、それなりに真面目に生きてきたんですよね。ちょっと捻くれていただけだもんね。ピュアすぎる心で世の中を見ていたら世渡りできなくなったんですよね。

世渡り下手で生きることが不器用な男。

自分の魅力に気づいてほしい、あなたにはまだ惹きだされていない魅力がある。
きっと愛してくれる人が、愛する人が現れます。

それはほんのちょっとの勇気を出せばね・・・!明日、あの子に声をかけてみて・・・!それが始めの1歩。先生が応援してる。きっと大丈夫、ご褒美のキスはそれまでお預けです。

恋愛も結婚も何にも難しいことじゃないんです。だから少しだけ頑張ってほしいんです。誰でもしてること、少しの勇気が必要なだけなんです。

明日の自分を変えるのは自分だけ・・・!

ここってアイドルとかを楽しむ場所らしいよ。何なんですかこの記事はまったく。

というわけで、

エンドロール曲はSMAPさんで

「俺たちに明日はある」

でどうでしょう。

あ、これを読んでくれた女子のみなさんはそういう臆病な男子が今の世にはゴマンと溢れているから、逆にアタックチャンスですぜ。彼らはちょっと褒めて持ち上げればヒョイヒョイついてきますぜ・・・うふふふふ。

それではこのあたりで今回の授業は終わりたいと思います。
See you...!

 

男は3語であやつれる


関連記事

人気の記事

こんな記事もあるよ