Ripy[リピー]|音楽アーティストを楽しむリスナーマガジン

Ripy[リピー]|音楽アーティスト アイドルを楽しむリスナーマガジン

ミスチルライブの「ニシエヒガシエ」ベストテイクを決めたい

2017年05月17日
ミスチルライブの「ニシエヒガシエ」ベストテイクを決めたい

ミスチルのロックナンバーといえば「ニシエヒガシエ」

ミスチルデビュー25周年イヤー記念

98年リリースのシングル「ニシエヒガシエ」。Mr.Childrenの中でもロック要素の強い楽曲であって、この曲だけはミスチルでも好き!なんてロック好きも多いんじゃないかと思います。僕も大好きな曲です。「ニシエヒガシエ」はライブで幾度となく披露されてきたナンバーでもあり、ライブを重ねるごとにアレンジの幅が広がっていた曲でもあります。そんな「ニシエヒガシエ」のベストテイクってどれだと思いますか?

活動休止中に作られた曲

「ニシエヒガシエ」はMr.Childrenが活動休止中にリリースした曲だ。活動休止中なのにリリースってどうゆうこと?って思うかもしれないが、メディアに露出したりライブなどは全く行っていない中でリリースされた。だから当時はテレビで披露されることもないし、CDジャケットも太った外国人女性だし、当時としてはそれまでのミスチルっぽくないサウンドだしで、「これってほんとにミスチルの曲?ミスチルどうしちゃったの?」って思った人も多いんじゃないだろうか。

だって活動休止して心配してるファンに、

張り付けの刑になったって
明日に向かって生きてくんだって
さぁ さぁ さぁ さぁ

とか言っちゃってるんだからさ。「え?桜井さん大丈夫?」ってなりますがな。

一切のメディア露出なく、シングルチャートで1位。そこがミスチルのすごいとこ。
深津絵里主演のドラマ「きらきらひかる」の主題歌。このドラマ結構面白いよ。深津絵里って最近見ないよね。

「ニシエヒガシエ」のPVがとてもユニークなPVで見てほしい。ビートルズみたいなバンドと、イエモンみたいなバンドが交互に登場していく。ロックバンドを西と東に分けてその在り方を皮肉ったような映像になっていて、笑い声が入っていたりする。それをTVで見ている桜井さん。Mr.Childrenよく出来たPVランキングでトップ10に入れたいくらい。

活動休止中に桜井さんはプロが使う音楽ソフトウェアみたいなものを自宅に設置したんだよね。その機器についてはよくわからないんですが 笑 それで作った曲が「ニシエヒガシエ」や「光の射す方へ」だったと思う。だからちょっとデジタルチックになっているってわけだ。活動休止して遊べるのにそうやって音楽への情熱を絶やさないところが桜井さんを尊敬すべきところじゃないかな。

「ニシエヒガシエ」はリリース後のDISCOVERYのツアーから何回披露されてきたかわからないくらいにお客さんもMr.Childrenもブックマークしてる曲であり、この曲はお客さんとの盛り上がり方とともにアレンジが変わっていった曲でもある。この曲が進化したのはファンのおかげだと思う。

御託はいいからさっさとベストテイク紹介しろ?

わかりました。

スポンサーリンク

ロックインジャパンフェス2001の「ニシエヒガシエ」

僕はもうこの記事を書こうと思った瞬間にこの映像が思い浮かんだ。少なくとも僕が見た中で1番好きな「ニシエヒガシエ」だ。見たと言っても生で見たわけではないから、生で見た人に対しては偉そうなことを言って申し訳ないのだけれど、映像で見たとしても1番だった。

ミスチルが初めてロッキンフェスに出た回でもある。ロックインジャパンフェスって今では夏フェスの定番になってるけど、ミスチルが出たこの回は2回目開催のとき。まだまだ「フェス」なんて単語も浸透してなかったと思うし、「#夏フェス」なんてキーワードもなかったんじゃないかと。

つまり根っからのロック好きが集結していた時代のフェスである。

言うなれば「夏フェス行かね〜!?」なんてチャラチャラした輩がいなかった時代の音楽フェスってわけだ。

つまり、そこに超売れっ子のMr.Childrenが出る。期待、そして嫌悪、中には「ミスチル?どんだけのもんなの?」なんて小馬鹿にしたロックファンもいたんじゃないかと。

僕はMr.Childrenの桜井和寿という人を見てきて15,6年か立つ。長いファン歴の人はごめんなさい。

でも僕なりに言うと、桜井さんは根っからの

「負けず嫌い」。

それをミスチルの桜井さんを見てきて常に感じている。

どういうことかと言えば、「アウェイ」な場所こそ桜井和寿という人のパワーは全力で発揮されるんじゃないか。単独ライブは前列含めアリーナはほぼファンで埋まっているだろう。ミスチルくらいになればファンの数だけでアリーナを埋める程度なんのことはない。東京ドームのアリーナをファンだけで埋めるなんてミスチルかサザンかB'zくらい。だから単独ライブだとファンが温かく迎えてくれるっていう安心もある。

でも、そうじゃない場合、まぁ確かに、最近ミスチルがフェスに出るっていうとSUMMER SONICのようにファンが押し寄せる傾向もある。でもサマソニのときも桜井さんの負けず嫌いなところを感じなかっただろうか。だから僕は「終わりなき旅」での記事でもフェスでの終わりなき旅を選んだ。

ロックインジャパンフェス2001で披露した「ニシエヒガシエ」。

これは特別なニシエヒガシエだ。こんなに鬼気迫る桜井さんは中々見れないし、その迫力もさることながら色気もとんでもない。全身から何かもう色んなホルモン物質が分泌されてる。この頃の単独ライブで披露していたニシエヒガシエ同様に桜井さんのアコギ一本で始まる。アコギ一本に赤いシャツに黒いパンツ、これのみでそこにいる観客全員を翻弄させたんじゃないかと思うくらいの色気が映像だけでも感じ取れた。

「やってやる」「お前ら俺らのことなめてんだろ?」なんて気持ちが桜井さんの全身から感じられた「ニシエヒガシエ」に僕は見えた。

あと桜井さんが全身全霊を込めれば込めるほど、横で冷静でいるギターの田原さんでバランスが取れているんじゃないかと思う。

とにかく、どこかに映像があるなら見てほしい、僕が思う「ニシエヒガシエ」ベストテイク。

この記事誰が得する記事なんだろう 笑
「ニシエヒガシエ」、好きな人は読んでね。

 

1/42の「ニシエヒガシエ」

Mr.ChildrenはかつてライブCDなるものをリリースしたことがある。しかも販売枚数限定だ。「REFLECTION」のUSB型みたいなものかな。それがDISCOVERYツアーの1公演だけを収録した「1/42」だ。

僕はこの「1/42」が大好きで、今でもたまに何曲かこのCDから聴くことがあるんだけど、その中の1曲が「ニシエヒガシエ」。

このCDに収録されてるニシヒガはホントに「これミスチルか!?」って思わせてくれるロックバンドとしてのMr.Childrenがそこにある。「ミスチルってロックなんだ?」って人にこの「ニシエヒガシエ」だけ聴かせたい。この頃のミスチルにはサポートメンバーのギターがもう一人いて、修ちゃんこと河口修二さんがいたので、ギターサウンドに厚みがかかっているからなんだけどね。間奏部分だけでご飯何杯もいける勢い。桜井さんのアコギソロから始まり、その後のギターソロがカッコよすぎて何回もリピートしたくなるような気持ちよさがある。「DISCOVERY」のDVDよりも、この「1/42」のほうが迫力があるんじゃないかと。

この「1/42」はベストテイクが何個かあるんですよ。「I'll be アルバムVer」もこのCDに収録されているものが1番だと自負してます。

 

シフクノオトDVDの「ニシエヒガシエ」

たぶんだけど1番人気がある「ニシエヒガシエ」はこのDVDに収録されているものなんじゃないだろうか。この楽曲はライブがあるたびにアレンジが加わっていった曲であり、このシフクノオトツアーでそのアレンジが最高峰に達したんじゃないかな。

正直これもうCDとは別物になっちゃってるからなぁ。ライブの「ニシエヒガシエ」を聴いていくとアルバム「DISCOVERY」の「ニシエヒガシエ」とか物足りなさすぎて、原曲ってこんなんだった!?って思うわけ。あと「DISCOVERY」のアルバムは音が小さいんだよ。これわかる?ファンならわかるよね。音小さい。ただリマスター版出さない主義は良いことだと思います。

シフクノオトツアーの「ニシエヒガシエ」はナカケーこと中川敬輔さんのベースが物凄く目立っていて、渋くカッコいいものになっててね。あと間奏らへんで桜井さんがアドリブを入れて、歌うとこも最高でね。久しぶりに見たくなってきたなぁ。

このライブ、両脇に階段があるだけど、「ニシエヒガシエ」のとき桜井さんがその階段を走って駆け上がりながら叫びながら歌ってるんだよ。このDVDを見ていた04年頃の僕は、そのことについては特にどうとは思わなかったんだけど、この頃の桜井さん、33歳だか34歳くらいなわけで。それってもうなんというか、今だからわかるんだけど、30近くの一般人男性なんてはっきり言ってちょっと走っただけで息切れして、足痛くなって死にそうになるわけです。その辺のスポーツやってないただの30代男捕まえて全力で100メートルくらい走らせてみたらわかると思う。10代からしたら「どうゆうこと?」って思うだろうけど、これほんと。それをね、30代を越えてCD以上の声量を見せてアドリブも加えながら全力で歌い、しかもそれを走りながら、更に階段を登りながらの桜井さん。そりゃサッカーの試合も出ますよ。

これだけで尊敬に値するわけですよ。歳を取ればわかるその人の凄さってヤツ。桜井さんの体力の話になっちゃってる。

というわけでこれが僕のニシエヒガシエベストテイクの3つ。ベストテイクといっておきながら1つには絞りきれない。

僕はこの曲が大好きです。

非常事態ってやつも歓迎、その精神で生きていたい。


関連記事

 

 

人気の記事

こんな記事もあるよ