Ripy[リピー]|音楽アーティストを楽しむリスナーマガジン

Ripy[リピー]|音楽アーティスト アイドルを楽しむリスナーマガジン

日本人はライブで静か 歌詞を重要視してる曲が人気が出る

2016年03月07日

歌詞なんて飾り?ミスチルしかりBUMPしかり歌詞が重要

歌詞なんて飾りだ、なんて言う人も中にはいるが、日本人が音楽を聴くときには、音やリズムよりも歌詞を重要視して聴いている傾向があるのではないか。歌詞が意味のないもの、ただ言葉をツギハギに組み合わせて意味がよくわからない歌詞になっている曲よりも伝わりやすい歌詞、日本語として成り立っている歌詞を持った曲のほうが人気が出る。歌詞なんて飾り、みたいなことをかつて言っていたサザンの桑田佳祐も近年の楽曲は人間臭さ溢れる歌詞を書いている。

ミスチルやBUMPは歌詞ありき

Mr.ChildrenやBUMP OF CHICKENはあの歌詞が最大の魅力と言っても過言ではないし、歌詞の良さがまず支持されている。その他にもメンバー自身だったり、歌声だったり、メロディーの良さだったり色んなところが支持されているが、やはり歌詞があってのミスチルやBUMPだろう。なんせ名もなき詩って言ってるくらいだから歌詞を聴けと言っているようなものだ。

ミスチルやBUMPは演奏技術が物凄く上手いわけでもない、斬新な音楽性を持っているわけでもない、が歌詞の良さだけはずば抜けている。彼らが絶大な支持を得られているのは、日本人は歌詞が良い、メロディーが良いもの=優れている曲、良い曲だと捉えるためか。例えばEDMが日本で大して浸透しなかったのもこのせいかもしれない。

Mr.Children「Tomorrow never knows」Music Video

日本人はシャイ、フェスでもノリきれない、縦ノリが好き

なんで日本人は歌詞の良さを重要視するのか?それは日本人に流れている血がそうさせているのか、先祖代々受け継がれてきた何かがそうさせているのか。

日本人はシャイだ、静かだ。ライブではよくそう言われている。海外の人たちに比べるとノリきれていない、ハッチャケられていない、縦ノリだけ、手拍子してるだけ、踊れていない、音楽にノれていない。EDMフェスで比べると日本人のシャイさは極端に表れているだろう。

元々日本人は音楽に身を任せてノルこと自体、苦手な人種なのかもしれない。元々ダンスをする文化が根付いていないため、音楽に身を任せることが恥ずかしい。

例えば相撲取りは勝利しても土俵上で喜んだり勝利の雄叫びを上げたりしてはいけない。それは日本人の精神性から来ている。それはライブでのシャイな日本人にも通じるところがある。しかし決して楽しくないわけじゃない、表では冷静でいるが心の中では熱いものを感じているのではないか。最近の学校ではダンスの授業が取り入れられているが、それで日本人の何かが変わるかもしれないが日本人は基本的にシャイだ。

話がずれたが、そんなライブで音楽に身を任せることを不得意とする日本人。音楽というものを身体で体感することが苦手な傾向にあるからこそ、歌詞を重要視している、歌詞に耳を傾けている、歌詞が良いものを好むのかもしれない。

EDC Las Vegas 2015 Official Trailer

音楽を消費している女性層は特に歌詞が好き

音楽を最も消費している消費者である若年層の女の子達は、特に歌詞ありきで曲を聴く傾向がある。西野カナしかりback numberしかりSEKAI NO OWARIだったり。それは今に始まったことではなく昔からそうだ。

アーティストの写真と歌詞を切り取ったものを組み合わせて画像を作ってみたり。歌詞をノートに書いてみたり。良い歌詞がなきゃ日本の音楽はなんにも支持されていないかもしれない。

歌詞あってのジャパニーズミュージックだ。なので歌詞を重要視している、歌詞が良いアーティストは売れるし人気が出る。歌詞が良い曲は日本人の耳に届く。

西野カナ 『トリセツ』MV(Short Ver.)


関連記事
勉強しながら音楽を聴く 音楽に集中力を高める効果はある?
思春期の頃に衝撃を受けた影響された音楽は一生好きでいられる
ライブがCD音源と全然違って残念…声出てない、音割れしてる
音楽やバンド アイドルに依存することは悪いことか?
結成&デビューから売れるまで何年かかった?セカオワ→
日本上陸!これだけは行きたい海外のEDMフェスまとめ

 

 

人気の記事

こんな記事もあるよ