Ripy[リピー]|音楽アーティストを楽しむリスナーマガジン

Ripy[リピー]|音楽アーティスト アイドルを楽しむリスナーマガジン

Perfumeときゃりーの口パクはOKなのに、AKBが許されない理由

2015年12月04日

Perfumeときゃりーぱみゅぱみゅの口パク

今では当たり前となっているPerfumeやきゃりーぱみゅぱみゅの口パク。彼女たちの楽曲を手がけている中田ヤスタカが描くサウンドが機械音、電子音なため歌声も機械的、電子的じゃないといけない。CD音源では彼女たちの歌声は加工されている。Perfumeの3人はレコーディング時に、あまり感情が入らないように座りながら歌っているほどだ。座りながらの歌入れはデビューから今に至るまでずっとしているという。熱唱してはいけない、感情を入れてはいけない。それが中田ヤスタカ理論。

楽曲をより良く魅せるためにあえて口パクにしてパフォーマンスをしている。もし生歌で歌ってしまうと、その曲の良さがまったく出せなくなってしまう。それはPerfume以外が歌っても同じだ。Perfumeが決して歌が下手だから口パクにしているのではなく、中田ヤスタカの楽曲性を重視しているからこそ口パクでのパフォーマンスをしている。音楽番組やライブでももちろんほとんどの楽曲で口パクを採用している。時として生で歌う楽曲もあるが、ほとんどの楽曲は口パクじゃないと表現できないものになっている。

中田ヤスタカの楽曲が表舞台に出てくるまでは口パクで歌うことは批判的なことだった。歌手のくせに口パクなんてバカにしている!恥ずかしくないのか!?と。だが、そんな固定概念を打ち破ったのが中田ヤスタカサウンド。口パクで歌ったほうが、カッコよく見せることができる、それを当たり前のものとした。

だから中田ヤスタカの楽曲を披露するPerfumeやきゃりーは口パクがもう当たり前のように許されている。むしろ「何で今更そんなことを疑問に持つの?」くらいの感覚だ。

歌以外のものが秀でている

例えばPerfumeであればダンス。高いヒールを履いての3人の息の合わさった指先まで使うクオリティの高いダンスは簡単には真似できない、他のアイドルやアーティストにはないものだ。Perfumeは衣装やミュージックビデオの映像にしてみても、芸術面での評価が高い。

きゃりーは歌手というよりはポップアイコンとして、ファッション面、その生き方やキャラクター性などが多くの女子に支持されている。

支持されている部分、優れている部分が多いから、口パクは些細なことでしかない。気にならないというのがPerfumeときゃりーのファン。

スポンサーリンク

AKB48の口パク

AKB48は上の2組とは違う、正統派のアイドルだ。Perfumeやきゃりーはどちらかといえばアーティスト寄りのアイドル。AKB48は正真正銘のアイドル。男性からの支持が圧倒的である。Perfumeやきゃりーが口パクをしている理由は楽曲の良さを前面に出すためだが、AKB48にはその理由がない。Perfumeの機械的な電子的な楽曲でもない、AKB48の楽曲は一般的な歌謡曲だ。

昔の女性アイドル歌手は口パクじゃなかった

昔は口パクをしている女性アイドルはほとんどいなかった。モーニング娘。にしても、それ以前のアイドルにしても。そもそも今のアイドル歌手も、ももいろクローバーZやE-girlsなどは生で歌っている。AKB48だけが音楽番組でもライブでも口パクを常用化している。それでいいの!?AKB48!

最近は生歌で披露することもある!?

一時期はほとんど口パク状態だったAKB48だが、最近では音楽番組で生歌で披露することもある。極たまにだが、口パクをしなくなってきている。

そもそもAKBに歌の上手さを誰も求めてない

例えば口パクにしている理由が楽曲の質が落ちるとか、CDと全然違ってしまうとか、そういう理由であればそれは間違いだろう。ファンは下手でもいいから頑張って歌っている姿が見たいのではないだろうか。誰もAKB48が歌が上手いなんて思っていない。AKB48に歌の上手さなんて求めていないのだから、下手でいいから生で歌って欲しいというのが世間一般的な考えなのではないだろうか。ぜひAKB48にはこの先は生で歌うことを徹底してほしいものだ。

関連記事
ジャニーズ「嵐」の口パクが許されてるのはなぜか?アイドルの口パク
aikoのライブMC「男子ー!女子ー!」Perfume いきものがかりもやってる
Perfumeのライブが楽しすぎ!? 誰もが楽しめる空間を作る
嵐のコンサート規模の凄さ 国立競技場で15回 5大ドームが当たり前

 

人気の記事

こんな記事もあるよ