Ripy[リピー]|音楽アーティストを楽しむリスナーマガジン

Ripy[リピー]|音楽アーティスト アイドルを楽しむリスナーマガジン

ジャニーズ「嵐」の口パクが許されてるのはなぜか?アイドルの口パク

記事作成日:2015年12月03日

嵐

誰もが気になって仕方ないジャニーズ「嵐」の口パク

もはや誰もが気になって仕方ないけど、なぜか許されているジャニーズ「嵐」の口パクについて。誰も強く言及しない、業界のタブーなのかどうかわからないがそれが許されているということ。それはなぜなのか?音楽番組に嵐が出演するたびに明らかにわかってしまう口パク。もはや口パクは世間の誰もが、視聴者の誰もがわかっていることなのにそれを当たり前のものとして行なっていること。そしてファンも嵐=口パクOKとしていることだ。

視聴者の中にはこんな意見もある。

「いつも口パクで恥ずかしくないの?」
「口パクなのはバレバレなのになんで続けるの?」
「口パクなのに、ダンスもそこまで上手くない、どこが良いの?」

など。全国の嵐ファンすべてを敵にまわすような意見もネット上には流れている。

そもそもジャニーズグループのすべてが口パクなわけじゃない

ジャニーズグループのすべてが口パクだという風潮があるが、そんなことはない。なぜかジャニーズは口パクが当たり前みたいなことになっているが、よく見ればそんなこともないことがわかるだろう。

例えばSMAP

確かにSMAPも口パクをしている時期はあった、今でも口パクをするときもあるが、ある時期からできるだけ口パクをしないということをしてきた。それはいつからか、SMAPが国民的アイドルにのし上がっていく頃だろうか。

SMAPの楽曲はソロパートが多くある。5人それぞれがソロで歌う箇所が多々あるのがSMAPの楽曲の特徴だ。SMAPが国民的アイドルに成り上がっていく98年リリースの「夜空ノムコウ」あたりから、それぞれのパートが増えていった。それまではキムタクだけがソロで歌うことが多かった印象だが、2000年以降のシングル曲はほとんどソロのパートがある。

そして音楽番組、例えばMステや紅白歌合戦、そしてコンサートでもソロパートはきちんと「生歌」で歌うことがほとんどだ。SMAPははっきり言って歌は上手くない。中居くんもそれは度々番組内で冗談交じりで口にするが、それでも口パクで歌うことは少なくしていった。調子が悪い時や、例えばサビの部分だけ口パク、ということはあるが、ソロの部分は生で歌うことが多い印象だ。

Kis-My-Ft2も生歌

SMAPの中居くんが推しに推し続けているキスマイも口パクすることはあまりない。キスマイも若手ながらSMAP同様にソロパートは生で歌う。サビは口パクにしていることは多々あるが、ソロの部分は生歌だ。

TOKIO、KinKi Kidsは絶対生歌

バンド形態のTOKIOはそもそもボーカルが長瀬智也のみ。長瀬が口パクをしていることは見たことがない。すべての音楽番組で生歌で歌っている。だからこそTOKIOは男性からの支持も高いのかもしれない。

KinKi Kidsも生歌だ。キンキは堂本剛のほうがジャニーズの中では歌が上手いと昔から言われており、音楽の才能も開花させている。キンキが口パクをすることはほぼない。

NEWSも今では生歌、手越祐也がジャニーズ1、歌が上手い

NEWSも今ではジャニーズで1番歌が上手いとも言われている手越祐也がいるため、生歌で歌う。そもそも手越が口パクをすることを許さないだろう。

関ジャニ∞も生歌

関ジャニはその愛嬌のあるキャラクター性や楽曲から、歌がそこまで上手くなくても通用するというところもある。メンバーの渋谷すばるがジャニーズの中でも特別歌が上手いと言われている。

KAT-TUNも生歌が多い

KAT-TUNもデビュー当時から生歌が多かった。亀梨や赤西が歌が上手かったからか、生で披露することのほうが多かった。

V6も最近はソロパートが増えた

V6は昔は口パクばかりのイメージがあったが、最近の曲はそれぞれが1人で歌うパートが増えていきてそこは生で歌うことが多い。ベテランになっていくにつれて、口パクはなくなるのかもしれない。

HeySayJUMPは口パク、、か?

HeySayJUMPはまだ若いからか音楽番組で口パクが多い印象だ。これから生歌が増えていくのだろうか?

こうして見るとジャニーズはそれほど口パクはしていないのかもしれない

ジャニーズ=口パクという印象が世間では広がっている。ファンはしっかりとそれぞれのメンバーが生で歌っていることなど余すことなくチェックするだろうが、世間のイメージとファンではずれがある。

ちゃんと確認してみれば、ジャニーズグループはそこまで口パクが常用化されているわけではない。時と場合により、SMAPやKis-My-Ft2なども楽曲のすべてを口パクにしてしまうことがあるが、基本的に口パクはしないように気をつけているところがある。

スポンサーリンク

 

じゃあなんで「嵐」はいつも口パクなの?

なんで嵐だけはいつも口パクなのか?疑問は起きないだろうか?他のグループは少なからずども生歌で歌う時がある。それなのに嵐だけはほとんどの場面で口パクだ。

嵐ファンだって疑問に思わないか?なんで嵐だけ口パクなんだよと。

嵐も昔は口パクじゃなかった。例えば櫻井翔のラップ、通称サクラップが多かった時代の曲は生で歌っていたんじゃないか。大野くんはジャニーズの中でも歌は上手いほうだったから、嵐の曲の中でもソロパートがあって、かつては生で歌っていたじゃないか。それが一体いつから嵐は口パクが多くなってしまったのか?

それは嵐が国民的アイドルに一気に駆け上っていた時期と重なるという。

それが2005年以降だ。

嵐はジャニーズで1番人気と言ってもいい国民的アイドルグループだ。東京ドームで数日続けてコンサートをするなんて当たり前、あの国立競技場で毎年連日コンサートを行なっていたほどだ。国立競技場は日本最大のコンサート会場だった、最大8万人収容ができた日本一のコンサート会場だ。そこで連日でコンサートを行えるグループなど日本で嵐くらいしかいないだろう。

コンサート動員数でいえば日本一は間違いなく、経済効果も街ひとつを活性化させるほどの影響を及ぼす。嵐が動けば街が変わる、嵐の影響力は今や計り知れない。ファンの数ももはや数えきれないほど老若男女が嵐を追う。他のすべての歌手、アーティスト、バンド、などを含めても嵐人気を超えられない。

嵐は理想のアイドルグループでいなければいけないという縛りがある

だからこそ口パクだと考えるべきだ。嵐は国民を代表するほどのアイドル。みんなを裏切るわけにはいかない。嵐を支持している人はファンだけじゃない。日本に住んでいる子どもからおばあちゃんおじいちゃんまで愛されている。そんな人たちに「完璧なアイドル像」を見せなきゃいけない。

SMAPは歌が下手だってことを表に出して許された

SMAPだって国民的アイドルになったのに、嵐だけ違うの?と思うかもしれない。SMAPは上手いことやった例だ。リーダー中居くんの手腕が凄かったから、SMAPは歌が下手でも生歌を披露することが許されたのかもしれない。中居くんが番組内で自分は歌が下手だ、ということを主張し続けたためかSMAPは歌が下手でもそれが当たり前になり、むしろ「がんばって!」と応援すらしたくなる存在になった。

でも嵐にはそれはなかった。自分たちは歌が下手だとは言えないし、中居くんのように「俺は歌ってない」なんてことを笑いながら口にするメンバーもいない。嵐こそ正統派のアイドルグループと言えるだろう。

アイドルは歌手とは違う

そもそも嵐は歌手業だけをしているわけじゃない。歌手は歌手に専念することができる。例えばボイストレーニングをする時間もあるだろう。曲を作る時間も歌詞を書く時間もあるだろう。でも嵐は違う。国民的アイドルでありとにかくそれぞれが忙しい。CMに雑誌にドラマに、映画に、バラエティ番組、ニュース番組、そして音楽番組に、コンサートにレコーディングにダンス練習に。そこに加えてボイストレーニングなんてできるわけがない。恋愛も自由にできるわけじゃない、結婚だって気軽にできない。

国民的アイドルという職業を一度でも真剣に考えてみれば、口パクを許せるはずだ。嵐は他のジャニーズグループとは少し違うということ。

「国民的」という看板を背負っている。

もしも彼らが口パクを辞めるときがくるとしたら、それは次の世代の国民的アイドルが現れたときか、嵐の役目が終わったときになるかもしれない。

関連記事
嵐のコンサート規模の凄さ 国立競技場で15回 5大ドームが当たり前
ジャニーズ最強グループSMAPに良い曲がありすぎて シングル&アルバム
SMAP新アルバムゲス極絵音ら 歴代提供曲まとめ

 

人気の記事

こんな記事もあるよ