PR

【ブギウギ】第3週 あらすじ・ネタバレ|朝ドラまとめ

ブギウギ 第3週あらすじブギウギ
スポンサーリンク
スポンサーリンク

『ブギウギ』のあらすじ・ネタバレ。

2023年後期放送の朝ドラ『ブギウギ』。

第3週は、「桃色争議や!」というタイトルとなっています。

3週『桃色争議や!』
10/1611話『6年後のスズ子・趣里登場』
10/1712話『和希ちゃんがやめる?!』
10/1813話『ラインダンスに挑戦』
10/1914話『会社VS劇団員』
10/2015話『桃色争議!いざストライキ!』

ブギウギ TOPに戻る

スポンサーリンク

人物相関図『ブギウギ』第3週

ブギウギ相関図(大阪版)

『ブギウギ』第3週のあらすじ・ネタバレ

2023年10月16日(月)〜10月20日(金)放送回のあらすじです。(ネタバレあり

10/16(月)『ブギウギ』第11話のあらすじ

デビューから早くも6年がたち、スズ子(趣里)は脇役ながら、劇団の中心メンバーとして活躍していました。

そして後輩には花咲歌劇団から移籍してきた秋山美月が入り人気が出てきます。

新人の教育係になっていたのにも関わらず、後輩に抜かれたスズ子は自分の強みはなんだろうかと悩みます。

そんな中、次回公演はトップ女優の大和礼子が演出に挑み新しい取り組みに挑戦するのですが…

↓そんな『ブギウギ』第11話の続きはこちら。あらすじが吹き出しつきで読めます♪

10/17(火)『ブギウギ』第12話のあらすじ

大和礼子が演出を手がける稽古は激しさを増すばかり。

スズ子も何とか役を掴もうと必死に食らいついてました。

ある日同期の桜庭(片山友希)は後輩の秋山美月(伊原六花)に比べるとダメだと言われてしまいます。

桜庭は落ち込み稽古を休んでしまいます。

そして、秋山の厳しい指導を受けた新人達が何と全員やめたいと言い出してしまいます。

スズ子は何とか劇団を元に戻そうとしますが…

↓そんな『ブギウギ』第12話の続きはこちら。あらすじが吹き出しつきで読めます♪

10/18(水)『ブギウギ』第13話のあらすじ

大和礼子が新しい挑戦として選んだのはラインダンスだった。

「劇団員の一致団結の象徴として、一糸乱れぬラインダンスをやりたい」と。

しかし、桜庭和希は相変わらず稽古には来ず。

なんとかしたいスズ子は、両親やはなの湯の常連客にも相談するが、いい考えは出てこず。

そしていよいよ、和希は「退団したい」と言い出してしまう。

↓そんな『ブギウギ』第13話の続きはこちら。あらすじが吹き出しつきで読めます♪

10/19(木)『ブギウギ』第14話のあらすじ

不況で、梅丸少女歌劇団も賃金削減と人員削減の波が押し寄せてしまいました。

一部との劇団員と新人は既に解雇されてしまっていたのです。

そして、給料が下がったことで、桜庭和希も劇団を続けられなくなってしまったのです。

大和礼子と橘アオイは会社と話し合いをするための嘆願書を提出

こうして、会社と劇団員の桃色争議が始まってしまうのです。

鈴子は当然のように巻き込まれてしまうのですが…

↓そんな『ブギウギ』第14話の続きはこちら。あらすじが吹き出しつきで読めます♪

10/20(金)『ブギウギ』第15話のあらすじ

大和礼子の中ではストライキをするしかない、と決まっていた!

しかし、橘アオイは大切なのはお客様というスタンス。

それに礼子が二度と舞台に立てなくなると思い、ストライキに反対の立場をとっていた。

礼子もストライキをするかどうか、会社と最後の話し合いをすることになったのである。

劇団員はそれぞれの気持ちでストライキに参加するか迷うが、鈴子もその1人だった

↓そんな『ブギウギ』第15話の続きはこちら。あらすじが吹き出しつきで読めます♪

『ブギウギ』第1週のあらすじ・ネタバレ|まとめ

3週『桃色争議や!』
10/1611話『6年後のスズ子・趣里登場』
10/1712話『和希ちゃんがやめる?!』
10/1813話『ラインダンスに挑戦』
10/1914話『会社VS劇団員』
10/2015話『桃色争議!いざストライキ!』

朝ドラカフェでは、『ブギウギ』のあらすじ・ネタバレを毎日更新中!

全話吹き出し形式でお届けしますので、ブックマークお願いします♪

ブギウギ TOPに戻る

スポンサーリンク
スポンサーリンク
桜木モカ

元テレビディレクターの、桜木モカです。スポーツ・バラエティ・ドラマと、12年間で約60番組の制作に携わりました。
長く担当させてもらったのはドラマ制作で、アシスタントからプロジェクトマネージャーまで幅広く経験を積んでいます。
今も年間50作品以上の新旧ドラマを視聴。朝ドラは完璧にチェックしています!

桜木モカをフォローする
ブギウギ
朝ドラカフェ

コメント