Ripy[リピー]|エンタメ、カルチャーを楽しむリスナーマガジン

Ripy[リピー]|音楽アーティスト アイドルを楽しむリスナーマガジン

ライブの曲数と時間とMCってどれくらい?アイドルとバンドの差

2015年07月16日

ライブに行くと気になるのはどれくらいの曲を歌ってくれるのか演奏してくれるのかということ。
どんな曲を披露してくれるのか、何時に始まり何時に終わるのか。
頻繁にライブに行く人なら慣れているので、事前に予習や準備をするかもしれないが、まったくライブ慣れしていない人は、何の予習もなしに行くと「あれ?こんなもんか」「全然知らない曲ばかりだった」「どうやって楽しめばいいのかわからない」と期待を裏切られることもあるかもしれない。

ジャニーズはライブ時間が長い!? ジャニーズと比べるのはNG

大体ライブの曲数はバンドやアーティストと呼ばれる人であれば20曲前後が一般的だ。
22曲、23曲のアーティストもいれば、17曲、18曲ほどで終わるアーティストもいる。
これはアンコールも含めての曲数だ。大体20曲目あたりで一度終わり、アンコール後に2,3曲披露する。
ライブ時間は平均にして2時間。1時間半で終わるアーティストもいれば、2時間半で終わるアーティストもいる。開演時間は大体17時、18時にスタートし、20時、20時半頃には終演する。アリーナクラスのキャパを埋められるアーティストであれば20曲近く歌うことが一般的、ライブハウスのキャパで行うのであれば10曲以上~15曲程度が一般的。

MCは一切しないアーティストもいるし、10分15分話し込むアーティストもいるだろう。スタンドマイクから最後まで離れないアーティストもいれば、会場内を走り回って歌うアーティストもいるだろう。曲数に限れば大体アーティストはみんな一緒である。

アイドルは口パクが多いからライブ時間を長くできる!?

しかし、アイドルになるとこれがまったく変わる。
アイドルの場合、多いと40曲近く歌うこともある。そうすると時間にして3時間以上、時には4時間に迫ることもある。開演時間は17時、18時とアーティストらとあまり変わりはないが、特に長い時間をかけてライブを行うアイドルがジャニーズだ。グループによっては、MCだけで30分もかけるということもある。
ジャニーズの場合、バラエティ慣れしているということもあり必然的にMCが長くなる。むしろMCのほうが楽しいかもしれない。

40曲近くもダンスをして歌いあげるというのは到底無理なことであり、もちろん口パクを挟んでいる。
生で歌う曲もあれば、すべて口パクの曲、もしくはAメロBメロだけ生、サビだけ口パク、なんてこともある。口パクを批判する人は多くいるが、彼らはエンターテイナーであるため、自分たちを「魅せる」ことを徹底している。そのために口パクは必要なのかもしれない。
もちろん口パクをしないアイドルだっている。口パクをしない代わり、ライブの曲数はバンドマンと同じ20曲前後になるだろう。

スポンサーリンク

ライブのスタイルはアーティスト、アイドルによって様々

もしジャニーズのライブが初めてのライブ経験であり、その後アーティストのライブに行ったとしたら
「え?これで終わり?」「物足りなかった」「まだ2時間くらいしか経ってないよ」「楽しめなかった」
という経験をした人も中にはいるんじゃないだろうか。

逆にアーティストのライブに行った人は、ジャニーズのライブ、、
に行くことはあまりないかもしれないが、顔写真の入ったうちわを持ったり、プラカードを持ったりすることに違和感を感じるだろう。

じゃあここでアーティストとアイドルのセットリストと時間を見比べてみよう。

これは昨年、同じ東京ドームで行われたSMAPのライブとBUMP OF CHICKENのライブのセットリストだ。

SMAP Mr.S SAIKOU DE SAIKOU NO CONCERT TOUR セットリスト
2014年9月7日 東京ドーム公演 17時~

1 Theme of Mr.S (colorful ver.)
2 Mr.S
3 シャレオツ
4 やりたい放題
5 無我夢中のLIFE
6 Dear Woman
7 さかさまの空
8 KANSHAして
9 ココカラ
10 夜空ノムコウ
11 セロリ
12 BANG! BANG! バカンス!
13 Amazing Discovery
14 DaDaDaDa
15 SKINAIRO
16 Battery
17 ダイナマイト
18 $10
19 Mistake!
20 The future
21 Crazy Five
22 Yes We Are
23 One Chance!
24 よわいとこ
25 好きよ
26 オレンジ
27 ハロー
28 世界に一つだけの花
29 Dramatic Starlight
30 掌の世界
31 アマノジャク
32 青いイナズマ
33 Top Of The World

<アンコール>

34 藍色のGANG
35 Joy!!
36 オリジナルスマイル
37 SHAKE
38 らいおんハート
39 俺たちに明日はある
40 ビートフルデイ

BUMP OF CHICKEN TOUR WILLPOLIS 2014 セットリスト
2014年7月31日 東京ドーム公演 18時半~

1.WILL 
2.Stage of the ground 
3.firefly 
4.虹を待つ人
5.サザンクロス 
6.(please)forgive 
7.ゼロ 
8.smile 
9.宇宙飛行士への手紙 
10.銀河鉄道 
11.歩く幽霊 
12.ray 
13.トーチ
14.white note 
15.天体観測 
16.ガラスのブルース 
17.You were here 

<アンコール>

18.ダイヤモンド
19.メーデー 
20.DANNY

この通り、SMAPは40曲に対してバンプは20曲。時間もSMAPは4時間超、バンプは約2時間だ。そのライブによって時間も楽しみ方も様々。

追記:201508

サザンオールスターズが約4時間に届くライブをやってのけた!バンドでこれだけ長いライブをやるのはサザンくらいじゃないだろうか?サザンだからこそ成せる業だ。

サザンオールスターズLIVE TOUR 2015
2015年8月18日 日本武道館公演

01. Tarako
02. ミス・ブランニュー・デイ(MISS BRAND-NEW DAY)
03. ロックンロール・スーパーマン~Rock'n Roll Superman~
04. 青春番外地
05. イヤな事だらけの世の中で
06. バラ色の人生
07. Missing Persons
08. 平和の鐘が鳴る
09. 彼氏になりたくて
10. はっぴいえんど
11. 天井棧敷の怪人
12. ワイングラスに消えた恋
メンバー紹介~Help!
13. よどみ萎え、枯れて舞え
14. 顔
15. Happy Birthday
16. 死体置場でロマンスを
17. Computer Children
18. 栞(しおり)のテーマ
19. あなただけを~Summer Heartbreak~
20. 真夏の果実
21. おいしいね~傑作物語
22. Soul Bomber(21世紀の精神爆破魔)
23. 01MESSENGER~電子狂の詩(うた)~
24. ブリブリボーダーライン
25. 道
26. 栄光の男
27. 東京VICTORY
28. アロエ
29. マチルダBABY
30. エロティカ・セブン(EROTICA SEVEN)
31. ボディ・スペシャルII(BODY SPECIAL)
32. マンピーのG★スポット

<アンコール>

33. 匂艶THE NIGHT CLUB
34. ピースとハイライト
35. みんなのうた
36. 蛍

 

ライブの楽しみ方は人それぞれ、1人で行こうが、アンコール前に帰ろうが関係ない!?

例えばサイリウムやペンライトなどの光物はすべて禁止にしているグループだったり、
イスはなく、立ったまま、スタンディングだけのライブだったり、
MCは一切行わずにパフォーマンスだけを見てほしいという歌手がいたり、
一緒に合唱してほしいというアーティストがいたり、
手拍子を行わないでほしいというアーティストがいたり、
バラードのときは座ってもいいよというアーティストがいたり、
アンコールをやるにはそれなりの声援が必要だという歌手がいたり、

ライブの楽しみ方はそのアーティスト、アイドルによって違うわけだからそれを踏まえてライブに行こう。
あのアイドルはああだったから、あのアーティストはああだったのに、と言われても本人達のやり方やスタイルがある。
かといって楽しみ方は人それぞれなので、何もアーティストに合わせる必要もない。チケット代を払っている以上、ライブの楽しみ方を強要される必要はない。
1人でライブに行ったっていいし、アンコール前に帰ったっていい。
周りが立っているからといって、自分が立つ必要もない。周りの手拍子に合わせる必要もない。
ただ周りに迷惑だけはかけないでおこう。特に大声で歌うという行為は嫌われることが多い。
せっかくこっちはライブで曲を聴きにきてるのに、お前の歌声を聴きにきてるわけじゃない!と批判されるので、大声で一緒に歌うのは止めておこう。

ライブは何千人、何万人という人間が同じ空間で同じものを聴いて見ることになる。人によって行動が違うのは当たり前。どんなに一体感が生まれようと、冷めてる人は冷めてるし、興奮してる人は興奮している。冷めてる態度に見えていても心の中では熱い想いが渦巻いているかもしれない。楽しみ方は人それぞれ。何かを強要したりする必要はない。

アイドルのライブ、アーティストのライブ、それぞれのライブで色んな違いがあってそれもまた面白い。時間、MC、曲数だったり、グッズの違いだったり、会場内のセットだったり、来ている人たちの年齢層や服装だったり、色んな違いが生まれる。そういう違いを楽しむのもライブだ。

SMAP Mr.S “saikou de saikou no CONCERT TOUR" Blu-ray

BUMP OF CHICKEN WILLPOLIS 2014(初回限定盤)(オリジナル缶バッジ付) [Blu-ray]

関連記事
文学的な歌詞が受ける?会いたい西野カナよりサカナクションや中島みゆき
メンバーが仲良いバンドが売れる??仲間意識が強いセカオワやバンプら
Twitterのせいでカリスマ性のある天才が生まれない?桑田佳祐 桜井和寿 藤原基央ら
今更聞けないEDMの略 セカオワ 三代目も取り入れたダンスミュージック EDMとは
本当に歌唱力の高い歌手 アーティストは!?男性 女性ランキング

人気の記事

こんな記事もあるよ