Ripy[リピー]|音楽アーティストを楽しむリスナーマガジン

Ripy[リピー]|音楽アーティスト アイドルを楽しむリスナーマガジン

【アイドル】BABYMETALの歴史 世界人気 ベビーメタル ヒストリー【ヘヴィメタ】

記事作成日:2015年5月27日 最終更新日:2017年04月25日

BABYMETALは今や世界中で人気のヘヴィメタルアイドルとなっている。むしろ日本よりも世界での人気が高いのをご存知だろうか。彼女たちが現れた当初は、日本でのメディア露出、テレビ出演などが少ないためか、知名度があまり上がっておらず一部のアイドル好きに浸透しているだけだった。

彼女らが世界で人気ということを知っていても、なんでそんなに人気なの?と思う日本人が大多数かもしれない。

しかし、BABYMETALの世界人気は今止まることを知らない、もしかしたら今世界で1番ホットで有名な日本人がBABYMETALかもしれない。

BABYMETAL

結成から現在まで、BABYMETALが世界で受け入れられたワケ

海外のロックフェスはもちろんのこと、単独のワールドツアーも行ったり、ライブ会場の規模も年々大きくなっている。
海外の雑誌やメディアで取り上げられたりと、
「日本人が、しかもアイドルが?こんなに海外でもてはやされるなんて」
と驚きと興奮が冷めやまない人も多かったことだろう。

一体どこまでBABYMETALは行ってしまうのか。
一部ではアイドルという領域を超え、アーティストとして評価されてきている。
海外での人気が拡大するたび、何か遠い存在になってしまうんじゃないかとも思わせるほど彼女らの勢いは今熱い。

そんなBABYMETALのこれまでの歴史を振り返ってみよう。
一体どこから火がついて海外人気に繋がったのか?最近BABYMETALを知った人は気になるはずだ。

スポンサーリンク

さくら学院から生まれたアイドル、それがBABYMETAL

BABYMETALが結成されたのは2010年のこと、今でも続くアイドルブームにのっかり
アイドル戦国時代に突入していく中で結成された。

「さくら学院」というアイドルグループがある。
アミューズ事務所に所属しているメンバーで2010年に結成されたアイドルグループだ。

この「さくら学院」から派生したグループがBABYMETALである。
さくら学院は小中学生で結成されたグループであり、グループ内で「クラブ活動」と題して、
違うグループを作り活動する傾向がある。
そこで「重音部」と名乗り、BABYMETALが結成されたのが始まりだ。

小さなアイドルグループの、更にその中の派生グループというところから始まっている。
この時誰が世界規模のロックフェスに出演するグループに成長すると予感しただろうか。

さくら学院時代のBABYMETALメンバー

BABYMETAL

メンバーは当時のさくら学院のメンバー

SU-METAL(スゥメタル)本名・中元すず香(なかもとすずか)
YUIMETAL(ユイメタル)本名・水野由結(みずのゆい)
MOAMETAL(モアメタル)本名・菊地最愛(きくちもあ)

の3人だ。3人ともすでにさくら学院は卒業している。

SU-METAL(スゥメタル)本名・中元すず香

BABYMETAL

1997年12月20日、広島県生まれ。

姉は乃木坂46の中元日芽香(なかもとひめか)

3歳からモデルの仕事をこなし、化粧品のイメージガールなどを務めていた。
アクターズスクール広島でレッスンをこなし、その後アミューズのオーディションで準グランプリを受賞。

2008年にアニメ「絶対可憐チルドレン」で結成された限定ユニット「可憐Girl's」のメンバーをSUZUKA名義で活動。

2009年、女子中学生向けファッション誌「DiaDaisy」で専属モデルを務める。

2010年、さくら学院のメンバーとなる。

元さくら学院メンバーである武藤彩未、松井愛莉、三吉彩花とは仲が良い。

歌唱力の面で海外でも高く評価されている。

目標としている人は、同じ広島生まれで同じアクターズスクール広島で同じ事務所でもあるPerfume。

YUIMETAL(ユイメタル)本名・水野由結(みずのゆい)

BABYMETAL

1999年6月20日、神奈川県生まれ。

2007年、読者モデルをしていた時にアミューズへ事務所が決まる。

2010年、小学生のときにさくら学院のメンバーとなる。

その後すぐにBABYMETALのメンバーに。
さくら学院のメンバーとしては2015年3月まで活動していた。
舞台やドラマ、CMなどにも出演経験がある。

MOAMETAL(モアメタル)本名・菊地最愛(きくちもあ)

BABYMETAL

1999年7月4日、愛知県生まれ。

2007年にオーディション企画「ちゃおガールオーディション2007」で準グランプリを獲得。
アミューズ事務所への所属が決定。

2010年までCMなどに出演、マクドナルドのCMに出演したことがある。

2010年、小学生のときにさくら学院のメンバーに、その後すぐにBABYMETALのメンバーにもなる。
2015年3月にさくら学院を卒業した。

 

この3人がBABYMETALだ。

まだ10代にも関わらず海外のロックフェスに海外の大物バンドと
出演している。度胸と根性が座っている、むしろ10代だからこそ怖いものがないのかもしれない。

そして、BABYMETALはこの3人の他にバックバンドがいる。
SUMETALの圧倒的な安定した歌唱力、YUIMETALとMOAMETALのきめ細やかでコミカルなダンスパフォーマンス、
そして技術力の高いメタルサウンドを演奏しているバックバンド、通称「神バンド」がいる。

神バンド

BABYMETAL

神バンドのメンバー。

ギターが2人、ベースが1人、ドラムスが1人である。
全員が白装束でメイクをした姿で演奏する。

ギター・大村孝佳(C4のメンバー)
ギター・藤岡幹大
ギター・Leda(元DELUHIのメンバー)
ベース・BOH(元BINECKSのメンバー)
ドラムス・青山英樹(EVER+LASTのメンバー)
ドラムス・前田遊野

が現在の神バンドを支えている。

SU-METAL、YUIMETAL、MOAMETAL、神バンド
これがBABYMETALだ

BABYMETALの名前の由来はヘビーメタルをもじったもので、BABYという可愛いイメージを持つ単語と
METALという荒々しさを持つ単語を合わせることによって、新しい何かが生まれるんじゃないかという意味合いを込めた。

様々なカタチのアイドルが誕生していく中で、BABYMETALが出てきたのも必然だったかもしれない。
日本のアイドルブームの中で生まれたBABYMETALが世界へ羽ばたくのは、活動を開始してからそんなに時間はかからなかった。

2010年の11月に活動を開始したBABYMETALは、2011年の夏日本のアイドルが集結するフェス「TOKYO IDOL FESTIVAL 2011」に出演。
同年10月にDVD「ド・キ・ド・キ☆モーニング」でインディーズデビュー。

2010年のBABYMETAL

BABYMETAL

彼女たちは10代のうちにデビューしているため、その年によって顔立ちやスタイルが変わっていく様も見ていて面白い。2010年はまだ3人とも幼さが残っている。

ここまではまだほとんどの人はBABYMETALの存在を知らずにいた。
さくら学院から生まれたアイドルのひとつであった。

しかし、2012年彼女らの運命が変わる出来事が起こる。

2012年8月、日本最大の夏フェス「サマーソニック 2012」に出演。サマソニ史上最年少で出演を果たした。
この頃からサマーソニックなどのロックフェスはアイドルを多く出演させる傾向が出始めた。
そのためBABYMETALが参加することができたのだ。

BABYMETAL 2012年 SUMMER SONIC

BABYMETAL

そしてサマーソニックには海外からのバンドも多く出演する。
サマーソニック2012にBABYMETALが出演した際、それを見ていたイギリスのカメラマンがいた。
彼の名はロス・ハルフィン。
彼はBABYMETALの今までに見たことのないパフォーマンスに驚き、「面白い奴らがいる」とそれを世界的なメタルバンド「メタリカ」のドラマーであり中心人物であるラーズ・ウルリッヒに伝える。
ここでBABYMETALの存在が海外のアーティスト達、クリエイター達に少しずつ伝わることとなる。

写真は2013年のSUMMER SONICで撮影 ロス・ハルフィンとBABYMETAL

BABYMETAL

しかしこれは始まりにすぎない。

2012年はこの後、日本で初の単独公演を行い、海外ではアニメの祭典などに出演を果たした。
そう、単独公演すらまだ行っていなかった新人である。
彼女らはまだまだパフォーマンスに不安な部分があっただろう。

そして2013年を迎え、今ではBABYMETALを象徴する楽曲となっているシングル「イジメ、ダメ、ゼッタイ」をトイズファクトリーからリリースし、メジャーデビューを果たした。
ここまでBABYMETALは、さくら学院の派生グループのひとつとして活動していたが、
2013年2月より、BABYMETALはさくら学院から完全に独立し、BABYMETALという別のプロジェクトとして始動することが発表された。

BABYMETAL - イジメ、ダメ、ゼッタイ 2012年11月公開

SUMMER SONICでメタリカと出会い、海外人気へと繋がる

そして2013年8月、再び「サマーソニック」の地に降り立つ。
この年に出演していた海外のアーティストは「メタリカ」や「リンキン・パーク」「ミューズ」などである。
BABYMETALの存在を知っていたメタリカが彼女達のパフォーマンスを見て、更にBABYMETALのメンバーはメタリカのメンバーに会うこととなる。

BABYMETALとメタリカのギタリスト、カーク・ハメット SUMMER SONIC2013

BABYMETAL

 

BABYMETALのパフォーマンスを横から見ているメタリカメンバー SUMMER SONIC2013

BABYMETAL

BABYMETALのことを高く評価し、大いに気に入ってしまったメタリカのメンバー。
彼らがBABYMETALのことを気に入ったことで、BABYMETALの存在は更に広まっていく。

2014年、初めてのアルバム「BABYMETAL」がリリースされる。
海外ではデジタル配信でリリースされ、iTunes storeにて7ヶ国のロックチャートでトップ10入りを果たし、アメリカ・ビルボードの総合アルバムチャートで日本人最年少でランクイン。

日本では初の日本武道館公演を開催。この時のメンバーの平均年齢が14歳でここでも
武道館単独公演での女性最年少記録を樹立。

billboard アルバム・チャート

BABYMETAL

伝説となったSonisphere Festival UK(ソニスフィア フェスティバル)への出演

そして最も話題となったのが7月、世界最大とも言うメタルの祭典「Sonisphere Festival UK(ソニスフィア フェスティバル)」のメインステージに出演を果たした。
日本人がこのステージに立ったのは史上初である。

このフェスに出演が決定したのは、昨年のサマーソニックで出会ったメタリカ側がBABYMETALに「出てみないか?」とオファーしたためである。
どれだけBABYMETALのことを気に入ってしまったのか、そしてその後もメタリカとBABYMETALは何度も共演することとなる。

「Sonisphere Festival UK」に出演したことにより、一気に知名度が上昇。

BABYMETAL ソニスフィアフェス出演時

BABYMETAL

この時まだほとんどの日本人がBABYMETALの存在すらも認識していなかったが、
日本人のアイドルが海外のロックフェスに出演したらしい、とネット上で広まっていく。
「凄すぎるBABYMETAL!」「こんなことがあるのか」と驚きの声や「これってどれくらい凄いことなの?」「ほんとに人気あるの?」
と異例の出来事に戸惑いや疑問を持つ声など、様々な意見が飛び交い、BABYMETAL人気に火が付く。

「どうせ観客は日本人ばかりでしょ?」との声もあったが、このフェスの来場者はほとんどが現地か遠方からの外国人だけであった。

イギリスの音楽ニュースサイト「Gigwise」は「Sonisphere Festival 2014で良かったことベスト10」
の記事内で「BABYMETALを出演させたことは天才的なお手柄」と評価。

更にこのフェスの公式のハイライト動画ではBABYMETALの「ギミチョコ」が使用された。

BABYMETAL ソニスフィア出演時動画

 

ソニスフィアフェス2014 公式ハイライト

ソニスフィア出演以降、海外のメディアがこぞってBABYMETALを取り上げる

そして2014年7月、フランス、ドイツ、イギリス、アメリカを巡る初のワールドツアーを決行。
会場こそ小さいところだが、徐々に海外へBABYMETALが浸透していった。むしろ日本よりも浸透していったと言ってもいい。

ここからBABYMETALの海外人気はどんどん膨らんでいくこととなる。

イギリスの大手ファッション雑誌「i-D」のオフィシャルサイトで大々的に取り上げられ、インタビューが掲載。
日本人のアイドルがUKの大手ファッション誌「i-D」に紹介されたことで、メタル系の音楽を聴いていない人の目にも留まることとなった。

i-D Official

「i-D」に掲載された写真

BABYMETAL

更にイギリスのメタル雑誌「METAL HUMMER」が行ったネット投票によるメタルバンドやメタルアーティストの人気投票「HEAVY METAL WORLD CUP」では、
BABYMETALがなんと1位に輝き優勝した。名だたる世界のビックバンドがいた中、BABYMETALが優勝した。海外の人たちは面白半分で投票したのかもしれない。METAL HUMMERの公式Facebook上などでこの優勝結果に対して2000件以上のコメントが付けられた。

METAL HUMMER Facebook BABYMETAL優勝

エントリーされたバンド

日本:BABYMETAL
インド:Demonic Resurrection
イスラエル:Orphaned Land
アメリカ:Machine Head
オーストラリア:Parkway Drive
イギリス:Saxon
インドネシア:Burgerkill
スコットランド:Bleed From Within
ドイツ:Accept
ノルウェー:Kvelertak
ブラジル:Sepultura
南アフリカ:Seether
フランス:Gojira
フィンランド:Turisas
カナダ:Devin Townsend
スウェーデン:In Flames

BABYMETALに来た追い風は止まらない

あのレディー・ガガの北米ツアーのオープニングアクトに抜擢され、レディー・ガガと一緒にツアーを周ることとなる。
レディー・ガガはTwitterでBABYMETALをこう述べた
they are so killer. And lead singer can really sing it's very unexpected and the music is authentic I'm a fan

「彼女たちは本当に素晴らしいわ。リードシンガーの彼女は本当に歌うことができる。そこがとても意外だったわ。それと音楽も本物だと思うし、私はもう彼女たちのファンよ。」

レディー・ガガとBABYMETAL

BABYMETAL

 

レディー・ガガの他にも、海外の超大物たちと共演するBABYMETAL

BABYMETAL

BABYMETAL

 

全米で第4位の新聞紙、ロサンゼルスタイムズに写真付きで詳しく記事掲載

BABYMETAL

 

更に、カナダで最大規模のヘヴィメタルの祭典「Heavy Montreal(ヘビーモントリオール)」に出演。
ここでもBABYMETAL出演時には超満員、大成功を収めた。

BABYMETAL ヘビーモントリオール出演時

BABYMETAL

 

BABYMETAL ヘビーモントリオール出演動画

 

BABYMETAL ヘビーモントリオール ハイライト動画

ワールドツアーの追加公演として、ニューヨークとロンドンでそれぞれ開催。ロンドン公演はブリクストン・アカデミーで行われ、5000人を動員した。
このライブでは英ガーディアン紙、ビルボード、グラミー賞公式など、各メディアが
BABYMETALを取り上げ、もはや世界での人気は本物となった。

ガーディアン紙 公式 ニューヨーク公演レポート
billboard公式 ニューヨーク公演レポート

海外の各メディアがBABYMETALを評していたり、ネットでは海外のユーザー達がBABYMETALについて熱く議論を交わしている。

アメリカの「The Daily Dot」は
日本から飛び込んできた狂気的なコンセプト
音楽の趣味がメタルとティーンポップの中間にあるリスナーにとって、BABYMETALはまさにミラクルな存在
と評した。

イギリスの日刊紙「The Guardian」は
日本のハイソックスを履いたロックスター」とタイトルを付け、
頑固なメタルファンはこのバンドのコンセプトを全く理解できないかもしれない。」と言い、
BABYMETALは悪魔のように手段を選ばぬ天才の策謀家が生み出した新しい音楽。」と評した。

アメリカの週刊音楽業界誌「Billboard」は
音楽から熱意と知性を感じる。」「バックバンドが恐ろしいほど上手い。
と評した。

音楽雑誌「Metal Hammer」に取り上げられた記事

BABYMETAL

BABYMETAL

BABYMETALはこうして世界規模のアーティストへと変貌を遂げていく。

この後、彼女らはどうなっていったのか?

続きを見たい方は次のページヘ!

「LIVE AT WEMBLEY」 BABYMETAL WORLD TOUR 2016 [Blu-ray]

LIVE AT BUDOKAN~ RED NIGHT & BLACK NIGHT APOCALYPSE ~ [Blu-ray]

関連記事
フジロックに出れるアイドルはBABYMETALだけ
BABYMETALはほんとに売れてた?ウェンブリーアリーナでの成功
BABYMETALがBillboardチャート入りや各国1位 これスゴイの?
Perfume BABYMETALがロックフェスに出れるのはなんで?
BABYMETAL入門編 ヘドバンギャー!! イジメダメゼッタイから入ろう

人気の記事

今週のMステを先取り

今回の出演者

HKT48
AAA
V6
星野 源
山崎育三郎

もっと見る

前回の出演者

家入レオ
高橋 優
乃木坂46
PKCZ®
Hey! Sy! JUMP
三浦大知

もっと見る

こんな記事もあるよ