Ripy[リピー]|音楽アーティストを楽しむリスナーマガジン

Ripy[リピー]|音楽アーティスト アイドルを楽しむリスナーマガジン

BABYMETAL入門編 ヘドバンギャー!! イジメダメゼッタイから入ろう

2015年03月10日

BABYMETAL

BABYMETALを最近興味がある人、最近聴こうとしている人は一体どこから入り込んだらいいのかわからないこともあるだろう。日本人にはあまり馴染みのないヘヴィメタル、そこにアイドルを取り入れたと言われても「一体何がそんなに人気なのかわからない」という人も多いはず。なぜ人気なのか知るために、BEBYMETALを聴こうとしても一体何から聴けばいいのかわからないはず。というわけで今回はBABYMETAL入門編として、BABYMETALの良さが一発でわかるBABYMETAL特集。

今やワールドツアーを平然とやってのけるBABYMETALだが、2年前までは無名のアイドルだった。今や日本よりも海外での人気が絶大になっている彼女たち。日本のメディアにはあまり出演することがないため、日本での一般的知名度は未だ低いと言える。音楽番組にはミュージックステーションに1回出たきりである。しかし海外ではBABYMETALと言えば今や1番有名な日本の人気アーティストになりつつある。イギリス最大のメタルフェス「Sonisphere」の出演から始まり、ニューヨーク公演やロンドン公演、彼女らの勢いはとどまることを知らない。イギリスの大手ファッション雑誌「i-D」にも紹介されたほどだ。今年の海外フェスへの出演の期待も高まる。

夏フェス「SUMMER SONIC」への出演からBABYMETALの人気が加熱したように、BABYMETALの魅力はライブにある。彼女ら自身も「私たちの1番の魅力はライブ」と語っているほどだ。彼女らにしか作れない世界観。ヘヴィメタルの中にアイドル的要素を含めたことでこんなにも相乗効果を得ることができるとは誰も最初は思わなかったはずだ。ライブでの彼女らのパフォーマンスは目に余るものがある。とてもじゃないが10代の女の子3人とは思えないほどの堂々たる姿を何万人もの人間を前にしながら見せている。中でもセンターに立つ中元すず香ことSU-METALのボーカルが海外でも高評価を得ている。その歌唱力の高さ、容姿、日本歌詞の聞き取りやすさなどアイドルのレベルを超えている。そしてそのSU-METALをダブルで囲むのがMOAMETALとYUIMETALである。この2人の愛らしさがヘヴィメタルの狂気たるサウンドと見事に融合し、今までに感じたことのないコミカルとも違う新しい感覚をもたらしてくれる。というまあ3人の魅力はライブを見てもらえばわかると思う。

BABYMETAL

ヘヴィメタルとアイドルという組み合わせが実は日本人にヘヴィメタルへの入り込みやすさを作っている。BABYMETALは海外でウケているが、もっと日本人にウケてもいいはずだ。その楽曲をよく聴いてみるとバックサウンドは確かにヘヴィメタルだが歌メロは至って日本人が良く聴いてきた歌謡曲そのものである。どこか演歌の要素も入り込んでいるようにも聴こえる。そしてSU-METALの歌唱力と、すーっと入ってくる聴きやすい歌声が更に歌メロの良さを際立てている。

2枚目のインディーズシングル「ヘドバンギャー!!」はBABYMETALのライブでも欠かせないナンバーとなっており、BABYMETALに入り込む最初の1歩として最適な1曲だ。タイトルはもちろん「ヘッドバンギング」から来ており、ライブで披露する3人のパフォーマンス中にも「ヘドバン」が取り入られており、BABYMETALの楽曲の中でも最もヘドバンできる楽曲である。

BABYMETAL「Headbanger!!」 ヘドバンギャー!! Full (Live combination) 歌詞付き

 

そしてもう1曲はBABYMETALを一躍有名にした楽曲「イジメ、ダメ、ゼッタイ」だ。このタイトルにイジメがカッコ悪いという歌詞、そしてヘヴィメタルにアイドルという異質すぎるこの組み合わせ。一体誰がこの組み合わせで人気が出ると予想できただろうか。しかしこの楽曲はBABYMETALにとってのアンセム的なナンバーになっている。必ずライブでも終盤に歌われることが多い。完全なる日本語詩にも関わらず、海外のオーディエンスが本気で盛り上がる様は同じ日本人として何か嬉しくなるような光景だ。

BabyMetal Legend "Z" Ijime,Dame,Zetai イジメ、ダメ、ゼッタイ Live HD

 

この2曲と取ってもわかるようにBABYMETALの楽曲は意外にもメロディアスで、入り込みやすいのだ。アイドルと歌謡曲のような歌メロ、そしてヘヴィメタルサウンド。先にウケたのは海外だが、本来なら日本人にももっと人気が出てもいい。しかしBABYMETALの主戦場はすでに海外でのライブになっている。ここまできたのなら日本人として海外で爆発的な偉業を残してほしい。2015年のBABYMETALはどんな活躍を魅せてくれるのか。それは彼女たち自身にもわからない、未知数、前代未聞、そんな言葉がよく似合う。


BABYMETAL 公式

LIVE AT BUDOKAN~RED NIGHT~(初回生産盤)

LIVE AT BUDOKAN~ RED NIGHT & BLACK NIGHT APOCALYPSE ~ [Blu-ray]

関連記事
BABYMETALをまま音でカラオケで熱唱しよう 武道館音源4曲
BABYMETALワールドツアーにスイス イタリア フランス追加 世界人気止まらず
BABYMETAL 幕張メッセで過去最大級のライブ開催!!
BABYMETALアメリカロックフェスでリンキン ジューダス スリップノット競演!!!
Google AndroidのCMに一瞬だけどBABYMETALが登場している
BABYMETALビルボードで1位獲得!?メタル旋風!!
創刊30年Metal HammerがBABY METAL特集


BABYMETAL - Road of Resistance - Trailer


 

人気の記事

今週のMステを先取り

今回の出演者

HKT48
AAA
V6
星野 源
山崎育三郎

もっと見る

前回の出演者

家入レオ
高橋 優
乃木坂46
PKCZ®
Hey! Sy! JUMP
三浦大知

もっと見る

こんな記事もあるよ