Ripy[リピー]|エンタメ、カルチャーを楽しむリスナーマガジン

Ripy[リピー]|音楽アーティスト アイドルを楽しむリスナーマガジン

赤い公園とも共演!現在注目の歌手「南波志帆」についてピックアップ!

若手歌手の南波志帆!
先日赤い公園とライブで共演を果たし、perfumeの「チョコレイトディスコ」を披露したことで
話題を呼んだ南波志帆!彼女は果たしてどんな人物なのかピックアップ!

YUKIや絢香を輩出した福岡県出身!!福岡は歌手輩出県か!?

南波志帆は1993年生まれで福岡市出身。小学6年のときに福岡市で行われたイベントに出たときにスカウトされたのがきっかけ!
その後2008年に「SCHOOL OF LOCK」が開催している「モデチャングランプリ」に参加。
準グランプリに輝き、そのときに音楽プロデューサーと出会いインディーズデビューを果たします
その後、2010年にアルバム「ごめんね、私。 」をリリースしてメジャーデビュー!
ちなみに福岡県出身の女性歌手はYUIや絢香、家入レオなどの面々がいます。その他にも大勢のミュージシャンを輩出している福岡県!スピッツ、椎名林檎、MISIA、長渕剛、井上陽水、浜崎あゆみ、松田聖子などなど!もはや福岡はミュージシャンの聖地です。

そんな福岡出身の南波志帆は、2012年に大学に進学。シングル「髪を切る8の理由。」をリリースし、
自身の髪もショートヘアにするということで話題を呼びました。

南波志帆の歌声は「マジックヴォイス」とときに呼ばれることがあります。
透明感があり、どこか宙に浮いているような歌声からそう呼ばれました。
10代の頃の、10代でしか味わえない心の葛藤や、精神的な乱れ、などを見事に音楽として表しているのが特徴です。自身の歌声に当初自身が持てなかったそうですが、
「息を抜いて空気を多めにし、ささやくような感じで」
と音楽プロデューサーの矢野博康に指示されたことがきっかけで自信が持てるようになったそうです。

YUKI、サカナクションなど作曲陣が豪華すぎる南波志帆!

南波志帆の楽曲は作詞作曲陣が豪華なのも特徴的。
南波のデビュー当時、色んな人と組んでやろうというプロデューサーの矢野の方針。
矢野自身も作曲をしていて、他にもYUKIやサカナクションの山口一郎、Base Ball Bearの小出祐介、赤い公園の津野米咲、秦 基博、内澤崇仁(androp)、コトリンゴ、末光篤、土岐麻子、堀込高樹(キリンジ)、宮川弾、矢野博康などなど!若手歌手にしては豪華すぎる面々!
そのほかにも数々の作曲陣が提供しています。

3歳の頃からジャズダンスを習っていて、ダンスが得。
書道も得意とし、先日行われた赤い公園と共演したライブでもその腕前を披露しています。
公式サイトでは不定期で南波自身の気持ちを表す漢字一文字を公開しています。

現在20歳の南波志帆、これからの活躍が期待されています。

「MUSIC」 南波志帆 作詞・作曲:内澤崇仁

 

「こどなの階段」 南波志帆 作詞:Base Ball Bearの小出祐介 作曲:サカナクションの山口一郎

 

「髪を切る8の理由。」南波志帆 作詞:尾形真理子 作曲:秦 基博。

 

「オーロラに隠れて」 南波志帆 作曲:キリンジの堀込泰行 作詞:YUKI

人気の記事

こんな記事もあるよ