Ripy[リピー]|エンタメ、カルチャーを楽しむリスナーマガジン

Ripy[リピー]|音楽アーティスト アイドルを楽しむリスナーマガジン

King Gnuみたいになりたいなら学歴社会を重要視しろ

2020年1月26日
King Gnuみたいになりたいなら学歴社会を重要視しろ
スポンサーリンク

キングヌーは東京芸大卒

今回のお題は、売れるアーティストに「学歴」は必要か?とうお話。

今回は「売れる」というところにも重点を置く。
副業がてらYouTubeでちょっとアーティストっぽい活動をしてとか、
売れなくてもいいから自分のやりたい音楽を鳴らすとか、

ではなく、でかいステージに立って人々を魅了するくらいの
売れるアーティストになるために、「学歴」は必要か説 。

日本は、学歴社会である

日本は新卒一括採用がまだ根強い上に、学歴がなければ入れない会社も大多数であり、
学歴がなければお金もやりたいことも出来ないというのが現状だ。

だから、賢い親御さんは、学歴を重視するのが子どもの将来のためになると、そりゃ昭和の時代からそう。

だけど、それとは別に、「自分の夢を追う」という選択肢が昔からこの国ではできる

・ミュージシャンになりたい
・歌手になりたい
・アーティストになりたい
・漫画家になりたい
・芸能人になりたい
・お笑い芸人になりたい

といった類のもの

これらを成し遂げるためには、昔から学歴は関係がない、というのが全国民の多数派だ。
なぜなら彼らは、センスがものを言うからである。

夢を追え、それを続ければきっといつか叶う。

といった考え方で生きてきた人もこの国にはゴマンといる。

つまり、
学歴を手にすることと、
歌手になりたいといった類の夢を追う、
ということは相反するものだという価値観が日本では強い

実際、例えばあいみょんって高卒です。

でも、これは別に考えるべきなのか?という疑問。

高学歴アーティストって?

そもそも誰もが「名」を売ることができるようになった時代が今。
かつてはテレビには呼ばれない、光を浴びなかったような人も活躍できるようになった。
それは有名大学の教授とか、大手企業で働いていた人とか、そういった人たちだ。
彼らももはや芸能人と同じように「名」と「顔」を売ることが出来る時代になった。

だとしたら、学歴ってもしかしてアーティストや歌手になりたい人にも「付属品」として
必要なんじゃないか。

しかも誰もがもうアーティスト活動をできる。
全国民アーティスト時代になると言われて、もう何年か経つ。

昔とは圧倒的に「数」が違う。
昔であれば、路上ライブをして、オーディシィンを受けて、
レコード会社の目に止まらなければいけなかった。
でも今は違う。

誰もが、誰かに、見てもらえる

なので始められるハードルも低く、活動している数が昔とは違いすぎる。

だとしたら、売れるには様々な「武器」が必要になる。
顔が良い、歌が上手い、運が良い、

それだけじゃない、何か。

それが「学歴」なんじゃない?

"高学歴アーティスト"

誰が思い浮かぶ?

東大卒の小沢健二?

ちなみにタイトルのKing Gnuは東京藝術大学なんです。

東京藝大といえば、芸大のトップを走る大学。

そんな大学を出た、しかもカッコ良い彼らがセンスの良い音楽を鳴らしてたら、
おおすげえ・・・って魅了されるでしょう。

調べてみたら東京藝術大学を出てるんだ、と知る。

なるほど・・・だからこんなにセンスもいいのね、
やっぱり知識と教養のある人は違うわ、、、

と人の心はなるわけですね。

高学歴という付属フィルターが付くことで、人の見る目が変わるわけです。
それくらい学歴というものは日本では重要だということだろう。

[Alexandros]のメンバーは青山学院大学時代にバンドを結成した。
MARCHのAだ。2年、留年してるけど。

そもそも、良い大学に行けば、それなりの知識を持ち、意欲のある人たちと出会うことができる。
そこにカッコいい人、魅力的な人たちが集まっている。

そうじゃなければ、そういう人たちと出会う機会もない。
青山学院大学に行かなければ、青学に通うような人には出会えない。

そこに行けば、色んな出会いがあり、アーティストになりたい魅力的な人もいるだろう。

そんな仲間に出会うほうが、自分が刺激され、自分の才能も開花されるのでは?

ワンピースに例えれば、なんでルフィが強くなっていったのかということ、
色んな出会いと強敵があったからこそ。

海に出なければ、道は閉ざされる

どうだろう・・・?学歴は必要だろうか。

でも、だからといって、学歴のないアーティストは駄目なのかといえばそうじゃない。

実際に、勉強をせず、夢を追うことだけに意識を置いた人たちはみな、表舞台で活躍している。

ミスチルだって、バンプだって、米津玄師だって、あいみょんだって、
みんな学歴なんか大してない。

米津玄師は高学歴ではない

さすがにミスチルまで遡ると、そもそもその時代に日本の大学進学率が今ほどはないから
話はまた変わってくるかもしれないが、

彼らには共通している部分がある、それは、

「音楽」にすべての時間を全フリしたということ。

怖くない?

だって周りのみんなは勉強している、ゲームしている、YouTubeにハマっている。
それに「合わせず」に、自分のやりたいことだけに全フリする。

その貴重な学生生活で、そんなことをしたら友達に嫌われることだってある。
なんなんだこいつ・・・ってハブられるかもしれない。

でもそんなの無関係だ。

絶対に音楽で売れる、

そう信じて、そこにすべての時間を全フリする。

だとしても売れなかった人、
彼らの下には無数の屍もある。

怖い怖い、

そんなの怖すぎる。

だとしたら勉強してそれなりの大学に行くよ!って人が大多数なんだ。

そりゃあそうでしょう。
そんな博打、ふうつの人はできない。

でも彼らはやってのけた。
良い大学に行くための時間や、遊ぶための時間、それを全て音楽に使った。
自分の時間をすべて「音楽」に全フリした彼らのほうが、やっぱり凄いのかもしれない。

つまり、中途半端になることが、あなたになりたい存在に1番遠くなる。

高学歴と呼ばれる大学に時間を全フリする
音楽にすべての時間を全フリする

どっちも、それに向けて使ったその時間の本気度、や熱量、

心の中にある熱量や本気度は、どちらも同じだ。
どこにどう使うか、それが分散すれば分散するほど、分散した分だけの形になる。

簡単な話、ただの数字の問題だ。

2リットルのペットボトルに同じ水を入れ続けるか、
1リットルと1リットルのペットボトルにそれぞれ水を入れるか、それを後で足すか、
20のコップに、水をそれぞれ入れていくか、

さて、あなたはどっち側?

スポンサーリンク

 

CEREMONY (通常盤) (特典なし) / KING GNU

関連記事

人気の記事

Perfumeが10年以上続いてることが確率論で言ったら神レベル

その他の関連記事