Ripy[リピー]|音楽アーティストを楽しむリスナーマガジン

Ripy[リピー]|音楽アーティスト アイドルを楽しむリスナーマガジン

SHISHAMOが西野カナを超える女心を代弁するリリックが書ける理由

2017年03月14日

SHISHAMO

SHISHAMOの歌詞が日本中の乙女心を捉える

女性の代弁者と言えば今や西野カナ、彼女の名前が一声で挙がるだろう。乙女心を捉えた歌詞、女心のわからない男は西野カナを聴くべし、恋愛において、日常において、乙女心を歌うなら西野カナの右に出るものなし、とまで言わんばかりの西野カナ一強時代が続いている。「トリセツ」や「darling」ではこれが女の子すべての総意なのよ、と言わんばかりの風潮が世間に浸透してしまっているが果たして本当にそうだろうか??

ここで問いたいのは本当に西野カナの歌詞は日本中のすべての女の子、女子の心を捉えているのかということだ。

さあ聴いてほしい、SHISHAMOを。そろそろチャットモンチーを超えるような人気と知名度を手にいれつつある今最も熱い女の子バンドがSHISHAMOである。美術系の高校にいたメンバー達が高校の軽音楽部時代に結成したなんとも可愛らしいバンドだ。作詞作曲をしているのはボーカルの宮崎朝子。絵を書くことも得意であり、自身のイラストを様々な場所で公開している、多彩な才能を持つ芸術肌な彼女である。ボーカル宮崎を中心としたスリーピースバンド。すでに日本武道館ライブも達成、Mステにも出演したり、彼女達を取り巻く勢いはそれまでの女の子バンドとは一味違う。

そんなSHISHAMOの魅力は一体何か?それは女の子達の心を捉えた、それは西野カナと同じようで同じじゃない乙女心を捉えた歌詞にあるのではないか。その歌詞が宮崎の描く繊細なメロディーラインと女の子らしからぬ力強いバンドサウンドに乗ることにより、乙女チックな歌詞に勇敢さが加わっている。

女の子の代弁者、SHISHAMO。


SHISHAMOのような女子が大多数

SHISHAMO

そもそも、そもそもの話、誰もが、日本中にいるすべての女の子達が西野カナの書く歌のような恋愛をしているか?と問えばそれはバカげた間違いであり、ありえない話である。誰もが私のわがままを聞いてね?過去の彼氏が忘れられない?ダーリン、これからもよろしくね?

そんなの夢物語。それいつ見た夢の話?そう思う女子だっているってことを声を大にして代弁してあげたい。それは声の大きいモテ女だけのお話であり、声の大きくない引っ込み思案な女はそんなことは一切とは言わずともほとんど味わったことはない。だからこそ西野カナの歌詞が女の子の総意なんて甚だおかしな話ってわけ。

恋愛至上主義とはよく言ったもの。だからこそ少子化なんてものが蔓延しているということが最近は問われている。昔はお見合い制度があったからこそ、モテない人達も結婚ができた。でも自由恋愛なるものが社会の中心化してから、恋愛ができる、恋愛が得意な人達だけの世界が出来上がり、そうじゃない人達は日陰に生きるしかなくなってしまった。そう、だからこそ西野カナの歌詞は恋愛ができる人達のための歌詞であり、そういった人達だけが共感できるものである。

だから、そうじゃない人達だっているってことは皆はわかっているのだろうか。奥ゆかしくて引っ込み思案で恥ずかしがり屋で、恋愛に奥手な女の子達だっているんだ。むしろそういう女の子達のことを昔ながらの和風で日本人らしい日本女性と言うんじゃないだろうか?

西野カナを批判するつもりは全くないが、西野カナの歌詞に出てくるような私はわがままだけどちゃんと扱ってね?なんて歌詞に出てくる女を男性は本当に好きだろうか?

大多数の男が好きなのは昔ながらの恥ずかしがりやで奥ゆかしい可愛らしさのある日本人女性らしい女性だろう。そんな女子は絶滅危惧種か?もう日本には存在していないか?いや違う、君達が気づいていないだけ。男が顔でしか判断していないだけだろう、ちゃんといるんだよ。そういうタイプの、乙女心を持った女の子はまだちゃんと存在している。そういう子達は我が強くないから表に出てこない、声を大にして荒げないだけだ。

そういう恋愛に奥手で前を向けない女の子達がいる。そういう女の子達だって幸せになる権利がある。むしろそういう女の子達こそ幸せになるべき存在なんじゃないか?と問う。今の恋愛至上主義に基づいて男が得意な顔だけスタイルだけの女が好きな男は目を覚ませばいい。

そんな奥手な女の子達の代弁者がバンド、SHISHAMOである。長くなったがSHISHAMOが描いている恋愛観はそういった女の子達のためのものだ。

スポンサーリンク

でも実はそんな女の子が一番貪欲

ここまで西野カナの歌詞に出てくるような女でほんとにいいのか!?と言ってきたが、そんな西野カナの歌詞に共感できるようなモテ街道を歩いているような女の子達は意外とさっぱりしていて潔い。元カレの上書き保存なんてお茶の子さいさい。西野カナが次のシングルをリリースするペースくらいの勢いで彼氏の上乗せだ。

でもその逆でSHSIHAMOの歌詞に共感するような奥手で引っ込み思案な女の子ほど、恋愛に飢えているから貪欲な子も多いのが事実。実はこういう子のほうが一度恋愛にハマってしまうと抜け出せなくなってしまう、性にオープンになってしまったりするだろう。

そういう恋愛に奥手な女が世間には溢れているということ。西野カナの歌詞が全女子の意見じゃないってこと。SHISHAMOの歌詞に出てくるような女の子達も沢山いるってこと。そういう女の子達は自分を表に出すのが苦手でもある。だからこそSHISHAMOが彼女らの気持ちを代弁していくことは大いに意味のあることなんじゃないだろうか。

SHISHAMO 4 / SHISHAMO


関連記事
SHISHAMOが変わったって?バンドは人間で生き物だ
SHISHAMO(シシャモ)のボーカルはブスじゃなくエロい
バンドのボーカルはブサイク イケメン どっちが良い?売れるのに顔は関係ない

 

こんな記事もあるよ!

ページの上に戻る