Ripy[リピー]|音楽アーティストを楽しむリスナーマガジン

Ripy[リピー]|音楽アーティスト アイドルを楽しむリスナーマガジン

永遠の普遍性バンド、OGRE YOU ASSHOLEを聴こう

2017年01月10日

OGRE YOU ASSHOLE

ミニマルメロウなサウンド

この国には今現在様々なバンドが存在する。もしかしたら世界中を見渡してみてもこんなにも多種多様なバンドがいる国は日本だけかもしれないと思うほど、日本でバンドシーンが成熟しだしている。

こんなバンドがいた、あんなバンドがいた。探すのが楽しいくらいだろう。今回は特に今のバンドシーンの中でも異質、かつ注目を浴びているバンドである。彼らは誰にも媚びることはない、ただひたすら自分達の世界で自分達がやりたいことをひたすら追求し続けるアーティストだ。芸術家とは本来、そういうものであり消費されるものではない。彼らの名は「OGRE YOU ASSHOLE(オウガ・ユー・アスホール)」

彼らの音楽性はミニマルでメロウ。ミニマルとメロウとは一体どうゆうことなのか。音楽実験を繰り返しながら、日々音楽を追求しているバンドである。

長野在住の4人が織りなす音楽の快楽

OGRE YOU ASSHOLE

OGRE YOU ASSHOLE(オウガ・ユー・アスホール)のメンバーは全員が長野に在住している。東京に住んでいない、住んだこともない長野の片隅に住んでいるバンドが今や高い評価を得るバンドに成り果てた。

ボーカル・出戸 学(でと まなぶ)
ギター・馬渕 啓(まぶち けい)
ドラム・勝浦 隆嗣(かつうら たかし)
ベース・清水 隆史(しみず たかし)

ボーカルの出戸とギターの馬渕が中心となって作詞作曲を行っている。2人とも長野出身の生粋の長野人。2005年に1stアルバムをリリースし、コンスタントにアルバムをリリースし続けている。オウガには三部作と言われる作品がある。それが、「homely」「100年後」「ペーパークラフト」。そして2016年にリリースされたのが「ハンドルを放す前に」。OGRE YOU ASSHOLEの今までの音楽実験の集大成とも言えるべきアルバムであり、ぜひ一聴しておく価値の高い作品である。

タイトル「ハンドルを放す前に」とあるように、それを放してしまったらどうにかなってしまうかのような一瞬の快感を表しているような作品。時間と時間の狭間を漂っているような、一体これはなんなんだ!?なんて思わせる不思議な感覚を味あわせてくれる作品。それが「ハンドルを放す前に」。

ああこういうの大好物。という人にはうってつけの楽曲である。

とにかく音数が少ない。ミニマルに仕上がっている。どれだけ音を削っていくか、音を減らしていくか、それはバンドにとっては最終的に行き着く場所である。よーく耳をかっぽじって高級イヤホンを付けて聴かないと聴こえないような音まで拘って楽曲を作る時期もある。どれだけ情報量や展開の多い楽曲にしようかと奮起する時期もある。しかし最終的に行き着くところはどれだけ音を減らすかである。そして彼らの音はただミニマルなだけじゃない、そこに叙情的、成熟さとも言えるメロウを合わせている。彼らが作り出したミニマルメロウと言うべきサウンドが今聴く人の心に何かを染み込ませている。

自分達のやりたい音楽性を貫き通したバンドはこんなバンドが多い。もしかしたら彼らは長野に住み続けているからこそ、周りに影響されることがあまりないからこそ自分達色の音楽をやり続けることができているのかもしれない。

彼らの曲を聴いてもそこに答えはない。まるで飛び込み台から飛び込んだのに着地せずにそのまま浮き続けているかのような、それがOGRE YOU ASSHOLEである。なぜか聴いていて気持ち良い、心地良い、一種の快楽を感じているような感覚に浸ることができる。

スポンサーリンク

ミニマルといえばD.A.Nやミツメなどがいる

OGRE YOU ASSHOLEはいち早く、こうしたミニマルでメロウな音作りに挑戦してきたが、そうした音を最初から鳴らしているバンドは増え続けている。世界的に見てもミニマルな音作りはブームになりつつある。

D.A.Nやミツメ、Yogee New Wavesやnever young beachなど、ミニマルメロウな音を作るバンドが昨今はメジャーシーンにも増えており今後彼らがバンドシーンにどんな影響を及ぼしていくのか気になるところだ。

情報量の多い時代だからこそミニマルな音が人の心を捉える。

情報量の多い時代だからこそ、それだけ情報量の多い音楽が持て囃されてもいるが、逆に情報量が多すぎる時代だからこそ、音楽くらいは何も無駄のない心地良い感覚に囚われていたいという人もいるだろう。そういう時代性もあり、彼らのようなミニマルな音楽を鳴らすバンドが増え続けているのかもしれない。ありとあらゆる情報が流れてくる、必要のないゴミのような情報や嘘のような情報も流れてくる時代であるが故、音楽はミニマルであって欲しいという無意識下の欲求。

音数は少ないけど無駄がない、無駄を省いたものだからこそ素晴らしい。OGRE YOU ASSHOLEを始めとする彼らのようなバンドがこれからの時代には必要なのかもしれない。



関連記事
D.A.N.はダンスミュージックの本質を押さえたバンド
Yogee New Waves(ヨギーニューウェーブス)が良い
バンド「ミツメ」を聴いて心の"ゆとり"を取り戻せ
never young beachってバンドから日常の幸せを学べ

人気の記事

今週のMステを先取り

今回の出演者


オースティン・マホーン
昆 夏美&山崎育三郎
椎名林檎とトータス松本
V6
矢野顕子×上原ひろみ
ゆず

もっと見る

前回の出演者

倉木麻衣
欅坂46
GENERATIONS
Sexy Zone
高橋 優
竹原ピストル
どうぶつビスケッツ×PPP

もっと見る

その他の関連記事

ページの上に戻る