Ripy[リピー]|音楽アーティストを楽しむリスナーマガジン

Ripy[リピー]|音楽アーティスト アイドルを楽しむリスナーマガジン

安室奈美恵と浜崎あゆみ、一体どこで人気に差が付いちゃったの?

2016年11月17日

歌姫で比べるならこの二人だろう。

90年代に圧倒的な人気を誇りカリスマとまで呼ばれた二人、それが安室奈美恵と浜崎あゆみ。

小室ファミリーの一員として人気に火が付いた安室奈美恵、大ヒット曲「CAN YOU CELEBRATE?」は今でもウェディングソングの代表曲として使用されることが多い。安室奈美恵の髪型やメイク、厚底ブーツを真似する女性が渋谷を練り歩き「アムラー」と呼ばれる現象まで起こった。

女子高生のカリスマとして若い女子に超が付くほどの憧れを抱かれていた浜崎あゆみ。当時の10代の気持ちを代弁した歌詞やファッションが支持された。シングルアルバム総売り上げは驚異の5000万枚を超えている。これはB'zやミスチルにも並ぶ売り上げである。

こういうお茶の間も若者からも圧倒的な人気を誇る歌姫が生まれたのは時代性もあり、みんなが一つのものに熱狂したりブームや流行が生まれにくくなった今の時代では彼女らのような歌姫はもう出てこないだろう。そんな時代から幾星霜、時代は巡って今やツイッターやインスタグラム、SNSやYoutubeなどが普及し、誰もが芸能人のように闊歩している時代である。

この時代になった今もこの二人の歌姫は歌手としての活動を辞めていない、歌い続けている。それだけでも過去の歌姫と呼ばれた歌手と比べてみてもものすごいことだし、ありえないことだ。ふつうであれば引退したり、歌手活動をほとんど停止している状態だったりする。

でもこの二人を見る限りまだまだ歌うのだろうか。ただ人気や支持されている面では変わってしまった。




安室奈美恵の人気はなぜ落ちないのか?

安室奈美恵の人気

安室奈美恵は今でも女性からの支持が強い。

かつて若い子から人気だった歌姫っていうのは時代が流れるにつれ、若い層からの人気はなくなり
歌手としての輝きも失っていくのが当然の流れでもある。しかし安室奈美恵の場合はそうはなっていない。今でも20代女性からの支持も強いし、かつて聴いていた30代40代の女性からの支持も女性歌手としてはかなりの人気ぶりである。

それは彼女が今でも憧れの存在として見れるってことだ。安室奈美恵は自分では曲は作っていない。いわゆる歌い手でありアーティストではない。曲を作れるのであれば彼女が作る音楽に惚れ込む人がいつまでも支持してくれるが、曲を作っていない歌手だと他の面が優れてなければ支持は消える。
安室奈美恵は今でも歌唱力が落ちていないし、過去の楽曲も歌いこなしている。更にその容姿も40歳になるとは思えないほどのスタイルだし、美貌がある。更に母親という面も持ち合わており、女手ひとつで息子を育てたというところも女性支持がある理由だ。

あとはメディア露出が極端に少なくなったこともあるだろう。メディアに出続ければ衰えた姿をことある如く見られることになる。ライブではMCはしない、メディアに出ない、SNSも控えている、そんな「謎」に包まれた、ベールに包まれた部分が多くなったからこそ更に憧れの的として見ることができる戦略だ。

安室奈美恵という歌手が今でも支持されている人気がある理由はそこにある。

 

浜崎あゆみの痛々しい姿がもう見てられない

浜崎あゆみの痛々しい姿

かつてファンだった人は今の浜崎あゆみはもう見てはいられないだろう。

昔の曲が歌えきれていない姿、無理して若作りをしている格好など音楽番組などに出演するたびに彼女の衰えてしまった姿を見なければいけない。せめて歌唱力だけでも元のままだったら・・・ここまで人気は落ちなかったかもしれないが、歌手としての肝心の歌の部分も失ってしまっている。

かつての人気がもの凄いものであった、カリスマとまで呼ばれ誰もが熱狂した歌姫だからこそ、今の衰えてしまった姿を見るのが見ているほうとしては痛い。海外セレブの真似事かと思うような姿や私生活を見せることもまた痛々しく見えてしまっているのも事実。

でもそんな彼女の生き様を見ている、衰えた姿を見せているのも彼女の生き様だとしたらそれはそれであとから見たらカッコよく見えるのかもしれない。

全盛期に引退していれば・・・と思うかもしれないが、今の彼女の姿を見ているのもなんだかんだで面白いんだろう?だったら応援してあげようじゃないか。


関連記事
安室奈美恵が女性に支持され続ける訳とは?
宇多田ヒカル 「俺の彼女」の意味は?アルバム「Fantôme」解説
10代「浜崎あゆみって誰?」マジかよ、伝説の歌姫紹介してやる

 

こんな記事もあるよ!

ページの上に戻る