Ripy[リピー]|音楽アーティストを楽しむリスナーマガジン

Ripy[リピー]|音楽アーティスト アイドルを楽しむリスナーマガジン

周りの友達がジャニオタだらけのバンド好き 邦ロック女子

2016年10月20日

バンド好き 邦ロック女子

世はまさにバンドマン戦国時代である。次から次へと下から新しいバンドが出てきてはメジャーデビューしていく。新しい世代が出てきたかと思えばまた新しい世代が出てくる、バンドの量産が止まらない昨今、そのバンドの数と比例してバンド好き女子も増えている。邦楽ロックが好きな邦ロック女子は増え続けている。そりゃもうこれだけバンドが増えれば、バンドの数だけファンがいるだろう。SNSで一言「#邦ロック好きと繋がりたい」とハッシュタグつけてツイートすれば邦ロック好きと繋がれる時代だ。バンドが好きなら友達なんていくらでもできる。一緒にフェスに行く親友もできれば、フェスに行って知り合った人と彼氏になってなれる時代だ。フェスのコーデどうする~?って友達とLINEするところからがフェスの楽しみ方!そしてフェスで出会った彼との出会い・・・そして結婚・・・それが邦ロック好き女子の夢・・・。スマホ一台で誰とでも繋がれる時代である。もはやどこでも誰とでもどんな人とでもバンド好きなら繋がれる。それが今という時代。だろう?

え?違う?そんなのありえない?嘘?私の周りには邦楽ロックバンドが好きな人なんて皆無。趣味の合う友達なんて1人もいない。TwitterはTwitter、一緒にリアルで話し合える人なんていない。リア充氏ね。ライブなんてお母さんとしか行ったことがない。なんて人はいないだろうか。いやいるの?いや結構な数でいるはずだ。じゃあ周りの友達はどんな人が集まっているのかと言えば、邦楽ロックバンドのファンの数なんて比べ物にならないほどのファンを抱えている、巨大帝国ジャニーズ様大好きな、黄色い声援を送るいわゆるジャニオタちゃん達。ジャニーズなんて一体どこがいいの?顔も大して良く思わないし、歌は下手だしダンスも下手、演技も微妙で笑いも取れない、曲を書ける才能があるわけでもない。全く理解できない!なんで私の周りにはバンド好きがいないの!?フェスに行けばあんなに女の子達が飛び跳ねているのに!?

ジャニーズ好き&バンド好き女子に美人いない説

そもそも周りがジャニオタだらけって、でも友達なんでしょ?つまり気が合うってことだ。気が合うってことは自分と同じものを持ってるってこと。「類は友を呼ぶ」なんて言葉があるように、自分の周りには自分と似たような人達が集まってくるんだ。それが世の常だ。例えば君がお金がないとしたら、お金持ちの大富豪は自分の周りには集まらない。例えば君がおバカさんだったら、君の周りにはスーパーエリートな天才達は集まらない。例えば君がモデルでもなければ、君の周りにはモデルのような美人は集まらない。人間っていうのはそうやってできている。

ジャニーズ好きっていうのは手の届かない男を追いかけている、それを見て楽しんでいるのと同じだ。リアルの男とは楽しめない、リアル男とは縁がない、彼氏なんてできませんって女が楽しんでるのがジャニーズって奴らだ。ジャニーズのCD売り上げや人気ぶりを見たらどんだけ世にモテナイ女がいるんだよって話になるが。周りのリア充美人でジャニーズ大好き、ファンクラブ入って追っかけてます、なんて人、いるか?リアルが充実してないからこそジャニーズなんてもんを追っかけるんだ。

そして邦ロック女子とかいう人種も同じだ。君たちもバンドマンの男が大好き。ジャニーズみたいにキラキラしていて顔がそこまで整ってるわけでもない。でもどこか陰があってミステリアス、芸術性に富んでいて、謎が多い、あんな曲が書けるし一体どんなプライベートなんだろう?って気になる。そして時折見せる笑顔だったり少年のようなあどけなさがロックバンド男にはあったりする。そんなバンドマン男が大好きな邦ロック女子。君たちもジャニオタとなんら変わりないんだよ。自分と反対側にいるのがジャニオタかと思いきや似ているんだ。幻想の男を追っかけてる。

バンドをやる男なんてそもそもロクな男はいない。不倫するようなナルシストクソ野郎ばかりだよ。そんなナルシストクソ野郎を好きになる女もロクな女はいない。私だけがこの人を分かっている、私だけがこのバンドの良さを分かっている、なんて自己評価の高いダメンズ好きのブスばかり。美人はバンドマンとか選ばないんだ。美人は顔とか関係なく、誠実で男らしい男を選んだりするんだ。

そんな幻想を追っかけてるジャニオタと邦ロック女子は似ている。つまりどっちも自分の理想の男、自分の理想の異性の相手をジャニーズ、もしくはバンドマンに重ねているに過ぎない。

ファンをある程度抱えているバンドマンへ。ファンのオナゴ達は曲だけでファンになったんじゃない。あんたの顔とか雰囲気とか陰りとかギターを弾いてるときの指とか手とか動きとかを含めて好きなんだ。「曲だけ聴いてくれ」とかバカなこと言ってそれ以外を怠ると、女の子達は離れていくぞ。

スポンサーリンク

邦ロック女子のメンヘラ率が高すぎる説

邦ロック女子なんてはっきり言ってロクな女がいない。モテないわりには自分が大好きで、自分は良い趣味をしていると思っていて、周りにはわからないものがわかる自分が大好きで、ちょっとした知識人をきどるインテリメンヘラブス!。「物欲が止まらない~!」とか言いながら男に相手にされない性欲を誤魔化してる。しかもメンヘラとかもうどうしようもない。しかもメンヘラ加減がホントの鬱病患者からしたら反吐が出るほど沸点が低い。「今年のクリスマスも1人か・・・鬱だ」。その程度。かと思ったら一度男が出来ると今までの我慢が噴火したように相手を求めまくって淫乱になる。メンヘラはエロいって定説だ。相手を求めすぎて束縛しすぎてフラれることになるが、そのフラれた自分が可哀想なヒロインとして見えてまた自分大好きが発動。私は可哀想な女と演じながら、バンドの追っかけに再び戻る。あの失恋の曲が子宮まで響く。「男なんて~・・・」とか急に言い出し自分をモテ女だと勘違い。これが邦ロック女子の偏見に満ちたイメージだよ!

そもそも邦ロック女子ってなんだよ

邦ロックが好きな女子。邦楽ロックバンドを愛してやまない女子のこと?一体どんな人種なのか。最近の若手バンドをある程度聴いている層か。Youtubeで毎日バンドを漁っては聴いてる。自分が好きなバンドだけを聴いている。自分が好きなバンドのライブにはどこにでも行く。その辺のライブハウスは全部行った。フェスは毎回行く。いや行く友達がいないから実は行ったことがない、Youtube止まり。Twitterはやってるけど、邦ロック好きと繋がるとか言うのがむしろ恥ずかしい。繋がってみたこともあるけど、1週間以内で繋がりは途絶えた。そもそも邦ロック好きな女子とか言われることが不愉快だ。サブカル女子なんて言葉は最も嫌い。自分のことは自分が1番わかってるから邦ロック好きな女子とか分類分けするんじゃねえ。自分だけの世界で楽しみたい。もうほっといてくれ。

邦楽ロック女子、みんな結婚して落ち着く説

邦楽ロック女子をけなしすぎても何の得もない。邦楽ロック女子はモテないタイプが多い。良い男には相手にされないしモテない、もしくは自分はモテると勘違いしている場合が多い。イケメンには相手にはされないモテない女子が多い。だからこそ結婚願望が出てくる頃にはハードルが高くならないということ。なんて現実的な話をしているんだ。一体これはなんの話だ。

男のハードルが高くならない。良い男と付き合ってこなかったからこそ、少しでも良いところがある、顔は良くないけど優しい、ある程度仕事で稼いでいる、そんな落ち着いた男と結婚するのがバンド好き女子、邦ロック女子。最終的にどんな女よりも勝つ。

昔はバンドマンに憧れて、バンドマンみたいな芸術肌系のミステリアス風な男と付き合ったこともある。だけど中身はロクでもないただのマザコン男だった。女をリードできない、金もなければ才能もないクソ男だった。話したら全くつまらない、お世辞の一つも言えないただのつまらない男だった。鏡を見ては前髪ばっかり気にするナルシスト男だった。プライドの塊のくせに女一人満足させられないクソ男だった。なんて経験があったりする邦ロック女子はとにかく優しく自分の趣味を理解してくれる、自分だけが良いと思ったものを理解してくれる、思いやりのある稼ぎもそこそこある男を手にいれる。バンド好きだからこそ顔は気にしない。最初に1番ダメなタイプな男、イコール全く家庭的じゃない男を好きになっているからこそ分かることがある。

もしこれがジャニオタだったら?ジャニオタをこじらせると絶対に「顔」を気にする。顔だけはある程度良くないとどうしても結婚なんてできない!なんていうアラサー女になってるだろう。だから大丈夫!邦ロック女子は結婚して幸せを手にするよ。バンド好きな邦ロック好き女子に幸あれだ。だから邦ロックを好きでいることは幸せを掴む道に繋がっているってことだ。良かった、これで安心だ。一体なんの記事なんだ。

というわけで、まあ言いたいことはひとつ。自分の好きなものを堂々と好きと言って生きていってくれ。周りなんて関係ない。周りに趣味を理解してくれる人がいなくたっていい。世界は広い。必ずどこかに同じような人たちは同じ空を見てる。だから学校とか友達とか、会社とか住んでる街とか、そんな狭い価値観に囚われずに好きなものを好きと叫んでくれて結構だ。恥ずかしがらずに堂々とあのバンドが好きだ、あの曲が好きだ、あのボーカルが好きだ、あのアイドルが好きだ、あのメンバーが好きだ、あのメンバーのあの部分が好きだ。そう言ってくれ。近くの人に理解されなくても、もしかしたらすぐ隣りにいる、口を交わしたことがないその人は理解しているかもしれない。色んな人がいるから色んな価値観が生まれる。お互いを認め合うことが人ってやつだよ。これはそんな記事だ。


関連記事
バンド、アーティストの寿命ってどれくらい?10年?20年?
デビッド・ボウイを知らない若者 知らないことは罪?無知は恥ずかしい?
ミスチル系女子 ラルク系女子 セカオワ系女子ってジャンル作るから流行らせて

こんな記事もあるよ!

ページの上に戻る