Ripy[リピー]|音楽アーティストを楽しむリスナーマガジン

Ripy[リピー]|音楽アーティスト アイドルを楽しむリスナーマガジン

「花束を君に」の歌詞から見る宇多田ヒカルの天才っぷり

2016年04月18日

花束を君に

宇多田ヒカルが約6年間の人間活動を経て音楽活動を再開。すでに2曲の新曲をリリースしている。1曲はNHK連続テレビ小説「とと姉ちゃん」の主題歌になっている「花束を君に」。もう1曲は日本テレビ系列「NEWS ZERO」の主題歌になっている「真夏の通り雨」。

6年間も音楽活動をしていなかったらちょっとは才能枯れちゃったんじゃない?

いや、そんなことをはなかった。やっぱり宇多田ヒカルは天才だったと確信できる。しかもひと味もふた味も前とは違う、成熟して帰ってきた。文学的な歌詞と切ないメロディーライン、唯一無二の儚い歌声、これが宇多田ヒカルだと思わせてくれる2曲。母の死、結婚、出産、子育て。様々な出来事があった6年間という月日の中で、宇多田ヒカルが感じてきたことがこの2曲に詰まっているのかもしれない。

花束を君に / 宇多田ヒカル

作詞・作曲:宇多田ヒカル

普段からメイクしない君が薄化粧した朝
始まりと終わりの狭間で
忘れぬ約束した

花束を君に贈ろう
愛しい人 愛しい人
どんな言葉並べても
真実にはならないから
今日は贈ろう 涙色の花束を君に

毎日の人知れぬ苦労や淋しみも無く
ただ楽しいことばかりだったら
愛なんて知らずに済んだのにな

花束を君に贈ろう
言いたいこと 言いたいこと
きっと山ほどあるけど
神様しか知らないまま
今日は贈ろう 涙色の花束を君に

両手でも抱えきれない
眩しい風景の数々をありがとう

世界中が雨の日も
君の笑顔が僕の太陽だったよ
今は伝わらなくても
真実に変わりないさ
抱きしめてよ、たった一度 さよならの前に

花束を君に贈ろう
愛しい人 愛しい人
どんな言葉並べても
君を讃えるには足りないから
今日は贈ろう 涙色の花束を君に

スポンサーリンク

真夏の通り雨 / 宇多田ヒカル

作詞・作曲:宇多田ヒカル

夢の途中で目を覚まし
瞼閉じても戻れない
さっきまで鮮明だった世界 もう幻

汗ばんだ私をそっと抱き寄せて
たくさんの初めてを深く刻んだ

揺れる若葉に手を伸ばし
あなたに思い馳せる時
いつになったら悲しくなくなる
教えてほしい

今日私は一人じゃないし
それなりに幸せで
これでいいんだと言い聞かせてるけど

勝てぬ戦に息切らし
あなたに身を焦がした日々
忘れちゃったら私じゃなくなる
教えて 正しいサヨナラの仕方を

誰かに手を伸ばし
あなたに思い馳せる時
今あなたに聞きたいことがいっぱい
溢れて 溢れて

木々が芽吹く 月日巡る
変わらない気持ち伝えたい
自由になる自由がある
立ち尽くす 見送り人の影

思い出たちがふいに私を
乱暴に掴んで離さない
愛してます 尚も深く
降り止まぬ 真夏の通り雨

夢の途中で目を覚まし
瞼閉じても戻れない
さっきまであなたがいた未来
たずねて 明日へ

ずっと止まない止まない雨に
ずっと癒えない癒えない渇き

 

宇多田ヒカル 公式
宇多田ヒカル Twitter


関連記事
宇多田ヒカル再起動? 人間活動終了!? 母の死、結婚、出産を乗り越えて
安室や浜崎あゆみ 宇多田ヒカルみたいな女性ソロ歌手が出てこないのはなぜ??
【あさが来た】AKB48「365日の紙飛行機」の歌詞から見る秋元康の凄さ

 

 

人気の記事

今週のMステを先取り

今回の出演者


オースティン・マホーン
昆 夏美&山崎育三郎
椎名林檎とトータス松本
V6
矢野顕子×上原ひろみ
ゆず

もっと見る

前回の出演者

倉木麻衣
欅坂46
GENERATIONS
Sexy Zone
高橋 優
竹原ピストル
どうぶつビスケッツ×PPP

もっと見る

その他の関連記事

ページの上に戻る