Ripy[リピー]|音楽アーティストを楽しむリスナーマガジン

Ripy[リピー]|音楽アーティスト アイドルを楽しむリスナーマガジン

10代「浜崎あゆみって誰?」マジかよ、伝説の歌姫紹介してやる

2016年04月12日

浜崎あゆみ

10代が浜崎あゆみを知らないとか言ってるらしい。無理もない、もうメディア露出していないし、売れてもいない、はっきり言えば過去の人になってしまった人だ。山口百恵って誰?って言ってるのと同じくらいのことになってしまったのだろう。もう浜崎あゆみも40歳手前だからな・・・

浜崎あゆみ、略してあゆ。かつて一世を風靡した歌姫だよ。10代の君たちの歌姫と言ったら西野カナになるわけだけど、西野カナ以上に人気と勢いがあった歌姫、それが浜崎あゆみ。早く引退しておけば伝説になれた。完全に引き際を間違えてしまったのかもしれないけど、全盛期の勢いはそりゃもう凄かったんだよ。CD出せばバカ売れ、10代女子は彼女の真似をしまくり、カリスマ性のあった歌姫っていうのはこの人が最後だったんだろう。

 

浜崎あゆみ、名曲だらけ

浜崎あゆみの楽曲を見返せば名曲だらけだ。特に初期の頃の楽曲は、もうそりゃ今聴いてもかなり良い。西野カナ聴いてる人も聴いてよ。

ルックス、楽曲性、すべてが良かった時期が90年代後半の浜崎あゆみだと思ってる。全盛期は00年代前半だが、1番良かった時期は90年代後半。

女子高生の代弁者

絶対西野カナより可愛い。上のは98年リリースのシングル。この頃の浜崎あゆみは、ちょっと暗い。傷つきやすい女子高生の代弁者だった頃。しゃべり方も「あゆ」というキャラクターを作っていた。ハリウッド女優の真似っ子みたいになっちまった今とは大違い。人ってこんなに変わるんですよ。

 

これはなんかのCMソングだった曲(花王「ソフィーナ・オーブ」クリスマスCMソング。)
覚えてる人は懐かしすぎて泣く。

今聴いても全然通用するし、良い曲ばかりなんだよ。歌詞は西野カナと同じように浜崎あゆみ本人がすべて書いている。だから当時の女子高生の気持ちを代弁していたわけで、支持されたわけだ。

SNSもYoutubeもなかった時代、ネットもほとんどの人は使っていなかった。だからこそ誰もがひとつのことへ向かって夢中になれた時代。だからこそ「歌姫」と呼ばれる存在は誕生しやすかった。

当時の10代の気持ちを表していたのが彼女である。

CDバカ売れ時代

98年から00年までの3年弱の間に20枚近くシングルをリリースしている。これは今考えれば異常、当時でも異常だがリリースペースが半端無く早い。

2,3ヶ月に1枚のペースだ。それだけCDが売れた時代でもあるし、01年にリリースされたベストアルバム「A BEST」は500万枚近くの売り上げを記録した。宇多田ヒカルとよく比較されていた時のこと。

それだけ1人の歌姫が持て囃されていた時代でもある。

浜崎あゆみの勢いは00年代に入ると更に加熱していった。

日本中の女の子達が支持した歌姫

このしっぽみたいなファッションアイテム、みんなが真似してた。彼女が持つもの、髪型、ファッションは女子中高生達の憧れであった。

そしてこの辺から大物感が出てくる。それまでは女子高生に人気の歌手って感じだったが、日本トップの歌姫へと成長を遂げていった。

それは事実で、これだけ売れた、支持された歌姫は他にいない。

・総売上枚数:約2138万枚(2000万枚突破は史上5組目、総合歴代5位、ソロアーティスト歴代1位)
・ミリオンセラー:5作(総合歴代5位タイ、女性ソロアーティスト歴代1位タイ)

(総売上2,000万枚を達成しているのは他にB'z、サザンオールスターズ、Mr.Children、SMAPの4組のみ)

あのB'zやミスチルと並んで、浜崎あゆみが1人、女性歌手としてランクインしているんだ。1人の女性がだ。CDの売り上げ枚数ですべてを語れないし、今じゃCDの売り上げなんてもんは意味を成さないけど、すごいことだよ。

今ではアルバムが3万枚程度しか売れない彼女だが、大ヒットを飛ばしていたんだ。

この「M」という曲は、あのタモリさんも絶賛した歌詞が含まれている。

始まりあれば終わりあり

こうしてトップまで上り詰めた彼女だが、徐々におかしな方向へ進んでいくことになる。

本当に売れていたのは03年、04年あたりまでだろう。栄光は長く続かない、永遠なんてものはなく、終わりは何にでも来る。「M」でも自分で歌ってるじゃんか。

理由なく始まりは訪れ
終わりはいつだって、理由をもつ...

これがタモリさんが絶賛した歌詞。

スポンサーリンク

儚げで可愛かった90年代の浜崎あゆみがいたとしたら、00年代前半は栄光を掴んで輝いていた浜崎あゆみ。そこで引退していたら確実に伝説になれた。しかし彼女は歌い続けることを選んだらしい。歌が好きなら仕方ない。

マドンナやビヨンセの真似をし始めたのが良くない、今でもセレブ女優感を出しているが似合っていない。みんな浜崎あゆみのそういう姿が好きだったんじゃないのにねえ。歌唱力も落ち続けている、もう昔の曲を同じ音源でフルで歌うことはできないだろう。悲しいかな、人は衰えていくんだよ。

売れすぎた代償

浜崎あゆみは売れすぎた。売れすぎて売れすぎて見えなくなったものも多いだろう。彼女が外国人とばかり結婚する理由は?

2011年にオーストリア人と結婚、12年に離婚。13年にアメリカ人と結婚。なぜか外国人とばかり結婚する彼女。もう日本人の男なんて全員が自分以下にしか見えないのかもしれない。そもそも彼女自身が白人文化に強い憧れを抱いているのか。だから向こうの歌手の真似ばかりするようになったのか。

比較される宇多田ヒカルや安室奈美恵

浜崎あゆみはよく宇多田ヒカルや安室奈美恵と比較される。この2人に比べると浜崎あゆみのほうが売れなくなってしまった。なぜだろう。この2人よりも売れていた人気があったのは浜崎あゆみのほうだったはず。浜崎あゆみがまた売れることはあるのだろうか。

浜崎あゆみが作ったものは残る

「落ちぶれたな」って言われながら思われながら、活動を続けるのってどんな気分?きっと苦しいし辛い。それでも引退はしないのだから、相当の覚悟があるんだろう。前より歌えなくなった、売れなくなった、なんてことは本人が1番自覚しているしわかっている。

彼女がこの先どうなるかはわからないが、彼女が残したもの、影響を与えたものは偉大なんだよ。

単純に懐かしいな、良い曲だなって今でも思えること、それでいいんじゃないか。
こんな歌姫が一時代を築いたこと、10代の皆さんも少しは知ってほしい。良い曲ばかりだから他の曲も聴いてみてよ。


関連記事
安室奈美恵が女性に支持され続ける訳とは?
宇多田ヒカル再起動? 人間活動終了!? 母の死、結婚、出産を乗り越えて
歌姫 中森明菜の歌手としての才能 80年代リバイバル!今でも通用する!
西野カナの歌詞を真面目に考察 共感性が凄い!
安室や浜崎あゆみ 宇多田ヒカルみたいな女性ソロ歌手が出てこないのはなぜ??

 

 

人気の記事

今週のMステを先取り

今回の出演者

AKB48
亀と山P
コブクロ
私立恵比寿中学
Dragon Ash

もっと見る

前回の出演者

ウルフルズ
Aimer
亀と山P
LiSA
WANIMA
Flower

もっと見る

こんな記事もあるよ