Ripy[リピー]|音楽アーティストを楽しむリスナーマガジン

Ripy[リピー]|音楽アーティスト アイドルを楽しむリスナーマガジン

日本語ラップが人気復活? ぼくりり 水カン DAOKOら

2016年03月20日

水カン

和製HIP-HOPってなんで廃れたの?

ヒップホップ、聴いてる?一昔前まで日本でもヒップホップが大流行した。遡ればスチャダラパーなどから始まり、2000年代前半辺りヒップホップユニットが多数出てきて、オリコンチャートを独占していた時代があった。そしていつの間にか姿を消してヒップホップ自体が廃れていった。ヒップホップと言っても日本語ラップのことだ。RIP SLYMEやらKICK THE CAN CREWとかがオリコンチャート1位とか取っていた時代である。今じゃラップのラの字も聞かないくらいラップはアンダーグラウンドな音楽ジャンルと化している。一体あのブームはなんだったのか、今の若い子はラップ自体聴いたことがない人が多いかもしれない。

いやしかし、最近になってまた日本語ラップの人気が出始めてきている。若手人気アーティストでラップを歌う人が増えてきている。

さとり世代が歌う最近の脱力ラップ

ゆとり世代とはまた別の世代用語、それがさとり世代。欲がない、恋愛に興味ない、欲しいものがない、安定した暮らしを望む、波風を立たせない、努力をしたり、大きな夢に向かって何かをしない、リスクを背負わない。もう僕たち悟っちゃってるんで感を出している若者のことを指す。大体こんな感じがさとり世代。

そんなさとり世代の新人アーティストが出始めており、さとり世代が歌う脱力感のあるラップが流行りつつある。元々日本語ラップはどこか力が抜けている感じが受けていたが、そこから更に脱力感のあるダラけた雰囲気が今の日本語ラップ。

スポンサーリンク

DAOKO(だをこ)

1997年生まれ、DAOKO。ウィスパーボイスという囁き声にも似た歌声でラップを歌う。ニコニコ動画出身者のラッパーである。2015年にメジャーデビューした。

DAOKO 「かけてあげる」MV[HD]

まだ10代であり、これからが期待されている。女性ソロアーティストでラップを歌うのは珍しい。しかも10代であり日本語ラップが流行していた頃とは少し世代がずれている。彼女はラップをどこから自分に取り入れたのだろうか。

メジャーデビュー後に出したシングル、タイトルは「ShibuyaK」。もちろん渋谷系から来ているのだろう。それとも渋谷交差点?

DAOKO 「ShibuyaK」MV[HD]

渋谷系が流行っていた90年代に彼女は生まれてすらいないが、作詞作曲をしているのは彼女自身だ。彼女からは元々渋谷系っぽい匂いを感じるわけであり、渋谷系フォロワーなんて言われることもある。

水曜日のカンパネラ

水曜日のカンパネラの楽曲を制作しているのは歌っているコムアイではなく、裏方で作業しているケンモチヒデフミという人だ。現在30代の作曲家である。30代が作っているため、歌詞が若干おっさん臭い。でもそれをコムアイが歌うことのギャップが受けている。

水曜日のカンパネラ『千利休』

韻を踏む気がまったくない。日本語ラップも英語のラップもラップというのは上手いこと韻を踏ませることへの気持ちよさがある。しかし水曜日のカンパネラも含めて最近の日本語ラップは韻を踏まない。韻を踏まないなんてラップじゃないと言う人もいるのかもしれないが、これがラップじゃなきゃラップとは何だろう。

日本語はラップに向かない。英語のほうが色んなリズムにのせることができる。と度々言われてきたが、韻を踏まなきゃその制約も取っ払えるということだろうか。韻を踏まないことへの気持ち悪さがあるが、それも受け入れられている事実。

ぼくのりりっくのぼうよみ

通称・ぼくりり。彼も脱力感のあるラップを得意としている。DAOKOと同じくニコニコ動画で名を上げたアーティストである。

ぼくのりりっくのぼうよみ - 「CITI」

17歳の高校生が作ったとは思えない。ぼくりりが1番ラップらしいラップをしているのではないだろうか。しかしぼくりりも韻を踏むことをあまり意識していない。歌詞といえば救いのないようなものになっており、これを17歳の高校生が書いたのであれば、今の日本に生きる10代を表していると言える。

日本語ラップどこへ向かうの?

一時期廃れていた日本語ラップだが、こうしてまたラップを歌うアーティストが出始めている。しかも彼らは第一線で活躍できるだろう。新しい世代が歌う日本語ラップ、この先注目すべし。


関連記事
水曜日のカンパネラって何がいいの?サブカル臭すぎて恥ずかしい
ぼくりり シンリズム ミセスなど10代の才能が爆発
シーンを時代を変える逸材「ぼくのりりっくのぼうよみ」とは何者か?

 

 

人気の記事

今週のMステを先取り

今回の出演者

EXILE THE SECOND
関ジャニ∞
欅坂46
DEAN FUJIOKA
TWICE
原田知世
Hey! Sy! JUMP

もっと見る

前回の出演者


E-girls
昆 夏美&山崎育三郎
ジャニーズWEST
SEKAI NO OWARI
ゆず

もっと見る

こんな記事もあるよ