Ripy[リピー]|音楽アーティストを楽しむリスナーマガジン

Ripy[リピー]|音楽アーティスト アイドルを楽しむリスナーマガジン

E-girlsのボーカルで歌が1番上手いのは誰?Ami Shizuka 鷲尾伶菜 藤井夏恋

2016年02月19日

E-girlsのボーカルって誰?何人いるの?

E-girlsには複数人のボーカルがいて、それぞれが楽曲の各パートを歌っている。ダンスに特化している女性グループだが、もちろんボーカリストとしての実力も他のグループとは一線を画している。E-girlsのメンバーは生まれ持った歌唱力というよりかは、日々の積み重ねてきたレッスンによって実力を付けてきた人たちだ。毎日ストイックにただただE-girlsのためにボーカルの練習を行ってきた彼女たち。歌が上手い理由の裏には涙と汗、苦悩に満ちた日々がある。

ライブではもちろんのこと、音楽番組などでも口パクは行わない。徹底して生歌を貫いている。

そんな歌の上手いE-girlsのメンバーの中でも1番歌の上手いメンバーは誰だろうか?

そもそもE-girlsのボーカルって誰だか知ってる??今回はボーカルだけに焦点を当ててみよう。

スポンサーリンク

E-girlsでボーカルを務めている人は大体このメンバー

・Ami
・Shizuka
・鷲尾伶菜
・藤井夏恋

この4人が今E-girlsのメインボーカリストである。曲によってはAya、川本璃などが歌うときもある。

それではそれぞれのボーカリストの特徴を見てみよう。

まずはAmi

Ami

E-girlsではほぼすべての楽曲でメインボーカルを務めている。
歌声は一言で言えば可愛く、甘い、明るい。
Amiの見た目と性格、そのものが歌声になっているような。

可愛い曲、アップテンポな明るい曲が向いている
逆にセクシーで大人っぽい曲にはあまり向かない。

彼女はDreamとしても活躍しており、歌手歴は10年以上を越えている。
Dreamとして活躍し始めたのは2002年のことだ。
歌手としては経歴の長さで言えばE-girls内ではShizukaと並んで1番。

E-girlsデビュー当時は、正直に言えば歌の上手さは一概に「上手い」と言えるわけではなかったAmi。
歌の上手い歌手リストに入れるにはちょっとまだ歌唱力は足りなかっただろう。

しかし2015年にはソロデビューも果たしており、歌手としての実力を伸ばし続けている。
ソロデビューをしてから歌手としての意識が強くなったのか、安定感が前よりも増したように見える。
今ではもしかしたらE-girls内で1番ブレがない、安定感のある歌声を出しているかもしれない。

 

Dream Ami / 「ドレスを脱いだシンデレラ」

 

Shizuka

Shizuka

彼女もAmiと同じく、E-girlsのほぼすべての楽曲のメインボーカリストである。
Shizukaの歌声は、大人っぽい、大胆、力強い。
Amiとは正反対の歌声で、それが相乗効果を生んでいる。

激しいダンスナンバー、大人で色気のある楽曲、バラード向き。
逆に可愛さを前面に出した曲はあまり向かない。

ShizukaはDreamのメンバーとして、Amiと同じく10年以上活動している。
2002年にDreamに加入してから現在まで活動中。

力強く迫力のある歌声を持っている、聴けばこの歌声はShizukaだと一発で分かるところが
魅力。その曲の大事な部分、Cメロなどを歌っているのは大体Shizukaの場合が多い。

Shizukaは「DANCE EARTH PARTY」というEXILEのUSAが立ち上げたグループでもメインボーカルを務めている。
他のメンバーにはない包み込むような歌声なため、多少安定していなくても聴いていられる。
歌声の質でいえばShizukaがNo.1。

 

DANCE EARTH PARTY feat. Mummy-D (RHYMESTER) / DREAMERS' PARADISE

 

鷲尾伶菜

鷲尾伶菜

E-girls内で最も歌唱力があると呼声の高い鷲尾伶菜。
鷲尾の歌声は、儚い、切ない、透明感。
E-girlsでは「Follow Me」などの代表曲を含めてほとんどの楽曲を歌っている。

Flowerのボーカリストを決めるオーディションに合格し、Flowerのボーカルとして
活動を始めた。Flowerのボーカルは現在彼女1人であり、シングル曲は
すべてのパートを1人で歌っている。

鷲尾伶菜の歌声は落ち着いた雰囲気の中に静かに火が灯っているようなそんな歌声。

Flowerの楽曲にバラード曲が多いように、バラード向きの歌声。
明るいアップテンポな曲はあまり向かない。
まだまだ歌唱力は年齢とともに伸びていくだろう、今後の歌い手としてのレベルアップを期待したい。

 

Flower 『瞳の奥の銀河(ミルキーウェイ)』

 

藤井夏恋

藤井夏恋

上の3人と比べると歌うパートは少ないが、Happiness、E-girlsのボーカリストとして活躍している。
藤井夏恋の歌声は、見た目の可愛さとは正反対のパワフルで大人らしい歌声が魅力、ギャップである。
最近のシングル曲では上の3人と同列に並んで歌うことも多く、E-girlsを背負っていくボーカリストとして
成長中。

Happinessのボーカルとしても、川本璃とともに活躍している。
Happinessはアップテンポな曲が多く、ラップを取り入れた曲にも挑戦している。

この4人の中では最も若く、デビュー当時より歌唱力は格段にUPし続けている。

 

Happiness / Holiday

 

あなたはどのボーカルメンバーが好き?4人ともそれぞれの個性があり、違う歌声を持っている。楽曲に合わせてそれぞれの魅力を放ち、E-girlsに華を与えているボーカリストたちだ。


関連記事
【画像付き】E-girls全メンバー詳細プロフィール紹介!!!【徹底解剖】
☆E-girls(イーガールズ)の作品 シングル・アルバム曲まとめ☆
EXILE 三代目 E-girlsのツイッターやインスタグラムをまとめるよ
E-girlsでファッション誌のモデルをやってるメンバー!
E-girlsメンバーでダンスが上手いのは誰!?名前を覚えよう SAYAKAら

 

 

こんな記事もあるよ!

ページの上に戻る