Ripy[リピー]|音楽アーティストを楽しむリスナーマガジン

Ripy[リピー]|音楽アーティスト アイドルを楽しむリスナーマガジン

【イエモン】THE YELLOW MONKEYはどんなバンドだったか

2016年02月07日

90年代を謳歌した人にとって青春だったバンド

THE YELLOW MONKEYが再結成、活動を再開した。イエモンこと、THE YELLOW MONKEYをあなたは知っているか。2004年に解散をしたバンドであり、ボーカル吉井和哉を中心として1988年に結成、主に90年代に一世を風靡したロックバンドである。今の10代はもしかしたら知らない人のほうが多いかもしれない。

CD総売上は1000万枚以上を記録しているメジャーアーティストであり、90年代に学生だった人たちにとってはカリスマ的な存在であった。そんなバンドが再結成をすると聞いてあの頃にこのバンドを聴いていた人たちは興奮しているのではないか。音楽的にもビジュアル的にもとにかく華があってカッコいい、もちろん今でも十分に通用する、むしろ今のバンドよりもよっぽど男らしくカッコいいバンドがTHE YELLOW MONKEYだ。今回はイエモンをあまり知らない人へこのバンドをご紹介しよう。

THE YELLOW MONKEY

黄色人種である自分たちを皮肉ったバンド名、洋と和を織り交ぜたロック

THE YELLOW MONKEYというバンド名はもちろん日本人、アジア人を表している。「イエローモンキー」は白人が東洋人を軽蔑するときに使う古き差別用語だ。白人音楽への嫉妬、コンプレックス、それが強くあった時代に結成されたバンドである。

しかしバンドメンバー全員の容姿、スタイルが日本人離れしている。ボーカル吉井和哉含めて、全員が180センチ前後の身長があったりスタイルが良かったり、顔立ちも整っている。そんな自分たちのことを皮肉ったバンド名を付けた。そんなスタイルの良いメンバーがこのインパクトの強いバンド名で活動したことにより、それまで差別用語だったイエローモンキーをむしろ逆にカッコいい名前だと思わせることに成功した。

ちなみにこのバンド名を見たローリングストーンズはかつて「すげえ名前だな。絶対忘れねえ」とコメントしたという。

スポンサーリンク

デヴィット・ボウイの影響

2016年初頭に死去したデヴィット・ボウイ。様々なアーティストが彼の死を尊んだが、THE YELLOW MONKEYも彼からの影響を受けている。初期の頃はデヴィット・ボウイと同じような髪型をしていたり、ビジュアル面を意識していた。

ヴィジュアル系という単語が当たり前となっていった90年代だが、イエモンもそこに貢献しているといえるだろう。茶髪ロン毛で奇抜でサイケ色の強い衣装。ぱっと見たらヴィジュアル系だと勘違いされるかもしれない。ただイエモンはいわゆる巷で溢れているようなヴィジュアル系バンドとは違っていた。そこには男らしさ、男臭さがあり、明らかに他のバンドとは何かが違うことが感じられた。このバンドは軽くはない、本物だと思える何かがあったのだろう。

和製ロック、日本の歌謡曲っぽさがある

洋楽からの影響を強く受けているイエモンがなぜ多くの日本人に受け入れられたのか。それは彼らの楽曲から日本の歌謡曲のような匂いを感じられるからだった。元々、ボーカルの吉井和哉は昭和歌謡の影響も受けており、昭和歌謡曲をカバーしたアルバムもソロでリリースしている。イエモンの楽曲はサウンド面は分厚く鋭いロックサウンドを鳴らしているが、メロディーラインはどこか懐かしいような切なくなるようなものがある。そんな歌謡曲的な要素が散りばめられていることが、イエモンの曲が大衆に届いた理由かもしれない。そんな楽曲を艶っぽい色気のある歌声で、180センチ超の長身でスラっとしたスタイルの吉井和哉が歌う姿、彼の虜となった人たちは多い。

聴いてみよう 「JAM」「楽園」

これからTHE YELLOW MONKEYを知る人達へ。聴かなきゃ始まらない。彼らにも代表曲がある、「JAM」や「楽園」は誰もが一度は耳にしたことがある大ヒット曲だ。

楽園 / THE YELLOW MONKEY

説明いらずのカッコよさだろう。カッコよさも然ることながら歌詞にも注目してもらいたい。

「こういうバンドが今、あまりいないんだよなぁ」っておじさんおばさん達が言う理由も少しはわかるのではないか。

1997年、フジロック初開催時に出演している

あのフジロックの初開催時にイエモンは出演を果たしている。97年夏、まだフジロックが富士山のふもとで行われていた頃である。日本初の野外ロックフェスでもあった「フジロックフェスティバル」。1997年、初年度のフジロックは台風が直撃し、倒れる人が続出したりと、今ではフジロック好きなら伝説となって語り継がれている。そんな初開催のフジロック1日目にTHE YELLOW MONKEYはレッド・ホット・チリ・ペッパーズやそうそうたる面々とともに出演している。

今では夏フェスなどの音楽フェスは当たり前のように日本でも開催されているが、97年のフジロックが日本初の野外音楽フェスである。洋楽の大物アーティストが日本に一同に集まることもありえなかった時代だ。今のように観客にライトリスナーはいない。洋楽ファン、音楽ファンが一同に介した最初のフジロックである。そんな中、レッチリやフーファーターズやレイジ・アゲインスト・ザ・マシーンと肩を並べてイエモンは出演した。この時の彼らの演奏やプレッシャーは97年当時、そこで見ていた人たちにしかわからないだろう。

THE YELLOW MONKEYに影響を受けたアーティスト

イエモンは下の世代にも多大な影響を与えている。例えば有名どころだと椎名林檎が吉井和哉の影響を受けている。その昔、ファンレターを送ったこともあるそうだ。

その他、9mm Parabellum Bulletのメンバー達だったり、レミオロメンのボーカル藤巻亮太、氣志團の綾小路翔、研ナオコなどがファンを公言している。

再結成、どんな活動を?

2016年、それぞれのソロ活動を経て再びTHE YELLOW MONKEYは動き出す。

どんな楽曲を、ライブを見せてくれるのだろうか?まだ彼らを知らない世代へも彼らの音楽は届くことだろう。

THE YELLOW MONKEY

THE YELLOW MONKEY メンバー紹介

ロビン [吉井和哉(よしいかずや)]

1966年10月8日、東京都生まれ静岡県育ち。ボーカル&ギター、作詞作曲を務めている。
2003年にはソロデビューを果たし、2015年までにソロ名義でアルバムを7枚リリースしている。

エマ [菊地英昭(きくちひであき)]

1964年12月7日、東京都生まれ。ギター担当。アルバム曲「TVのシンガー」などの作曲を務めた。
ドラムの菊地英二は実の弟。
バンド解散後は吉井和哉、吉川晃司などのライブサポートメンバーとして活動していた。

ヒーセ [廣瀬洋一(ひろせよういち)]

1963年4月19日、東京都生まれ。ベース担当。
88年のバンド結成時からのメンバーである。

アニー [菊地英二(きくちえいじ)]

1967年6月6日、東京都生まれ。ドラム担当。
ギターの菊地英昭は実の兄である。兄とはイエモン参加前に、別のバンドでメジャーデビューを果たした経験がある。


バラ色の日々 / THE YELLOW MONKEY

 

THE YELLOW MONKEY History

1988年に結成、吉井和哉と廣瀬洋一、その他のメンバーで活動開始。
その後、菊地英昭と菊地英二が加入し現在のメンバーに。
1992年、 1stシングル「Romantist Taste」でメジャーデビューを果たす。
1stアルバム「THE NIGHT SNAILS AND PLASTIC BOOGIE」をリリース。

1993年、2ndアルバム「EXPERIENCE MOVIE」をリリース。
1994年、3rdアルバム「jaguar hard pain 1944〜1994」をリリース。

1995年、4thアルバム「smile」が初のオリコンTOP10入りを果たしブレイク。
同年、初の日本武道館でのライブ開催。
5thアルバム「FOUR SEASONS」で初のオリコンチャート1位を記録。

1996年、9枚目のシングル「JAM/Tactics」が80万枚を越えるロングセールスを記録。
1997年、6thアルバム「SICKS」をリリース、オリコンチャート1位を記録、80万枚を越えるヒット。
アルバム「SICKS」は吉井和哉自身が「最高傑作」と称した。
同年、13枚目のシングル「BURN」をリリース、90万枚を越える大ヒットを記録。
同年、初開催の「フジロックフェスティバル'97」に出演。

1998年、7thアルバム「PUNCH DRUNKARD」をリリース、オリコンチャート1位を記録。
自身最大規模のロングライブツアー「PUNCH DRUNKARD TOUR」を開催。98年から99年まで1年をかけて計113本の公演を行なった。約55万人を動員。

2000年、8thアルバム「8」リリース。大阪ドーム(京セラドーム)と東京ドームでのライブを行う。その後、バンドは活動を休止。
2001年、解散前最後のシングルとなった「プライマル。」をリリース。

2004年、THE YELLOW MONKEY 解散。

2016年、アリーナ・ツアー「THE YELLOW MONKEY SUPER JAPAN TOUR 2016」を開催することを発表した。

関連記事
イエモンが解散して復活したバンドなのに「前のほうが良い」と言えない
フジロックの歩き方 夏フェス初心者でも楽しめる
【伝説】X JAPANメンバー紹介 YOSHIKI Toshi HIDEら【カリスマ性】
カッコイイ男性・女性ベーシストランキング ギターよりベース人気
ラルクhydeの魅力 ライブの衣装 髪型 歌唱力 美形 有名人にもファン多数!!

 

天国旅行 / THE YELLOW MONKEY

 

人気の記事

今週のMステを先取り

今回の出演者

AKB48
亀と山P
コブクロ
私立恵比寿中学
Dragon Ash

もっと見る

前回の出演者

ウルフルズ
Aimer
亀と山P
LiSA
WANIMA
Flower

もっと見る

こんな記事もあるよ