Ripy[リピー]|エンタメ、カルチャーを楽しむリスナーマガジン

Ripy[リピー]|音楽アーティスト アイドルを楽しむリスナーマガジン

CHAGE and ASKAの歴史を振り返る!CHAGE「ASKAの復活を待っていたのに残念」CDや映像作品、配信まで出荷停止。しかし、復活をみんなが待っている!

覚せい剤所持逮捕で世間を賑わせているCHAGE and ASKAのASKA。
これに対してCHAGEは公式サイトにてコメントを発表。
今日までASKAの回復を待ってきましたが、このような事態になり大変残念です。
突然の事でまだ頭の整理はつきませんが、今は現在開催中のファンクラブイベントに僕は全力を注いでいきます。ファンの皆さま、関係者の皆さまには、ご心配ご迷惑をお掛けした事を心からお詫び申し上げます

CHAGE and ASKA公式サイト

CD、及び映像作品、デジタル配信停止、つまりCHAGE and ASKA作品はすべて出荷停止が所属レーベルのユニバーサル・ミュージックから発表されました。更にユニバーサル・ミュージックとの契約も終了。CHAGE and ASKAは完全に孤立した状態となる。

ユニバーサル・ミュージック公式サイト

覚せい剤所持で世間のイメージは、かなり変わると思います。しかし、これまでCHAGE and ASKAが残してきた楽曲、実績、歴史は今後も残り続けます。いつASKAさんが復活するかはわかりませんが、復活しないかもしれませんが、CHAGE and ASKAの楽曲を聴いてきた、今もなお聴いている人は日本中にいるはず。イメージは変わりますが、音楽は残ります。

今回は、CHAGE and ASKAをピックアップ!!

CHAGE and ASKA

福岡出身のCHAGE and ASKA!高校時代の友人同士。

CHAGE and ASKAは1979年にメジャーデビューを果たした2人組みデュオ。
名前の表記は年々変わっています。
1979年~1988年までチャゲ&飛鳥、1989年~1990年までCHAGE&ASUKA、1990年~2000年までCHAGE&ASKA
そして2001年から現在までCHAGE and ASKA

CHAGEは現在56歳。ASKAも現在56歳。2人とも福岡出身、福岡育ちTで、高校時代からの友人です。

ヤマハのコンテストに2人で別々に出場したことがきっかけでデビューに至ります。このときCHAGEがグランプリを獲得。最初はチャゲと飛鳥という7人組みのバンドだったといいます。その後ディレクターの勧めで、二人組のチャゲ&飛鳥として1979年にシングル「ひとり咲き」でメジャーデビュー。

光GENJI「ガラスの10代」「パラダイス銀河」を作ったのはASKA。

1981年にリリースしたアルバム「熱風」がいきなりのオリコン・チャート1位を記録。
ちなみに初期の2人のキャッチコピーは「九州から大型台風上陸!熱い喉が衝き叫ぶ!」その後、武道館ライブなど毎年に渡って精力的に音楽活動を行っていきます。
1987年にリリースしたベストアルバム「SUPER BEST」は3年もの間オリコンチャートでランクインしました。この頃ASKAは、他アーティストへの楽曲提供も多くなっていき、作曲家としても知名度を上げていきます。特に有名なのが当時社会現象にもなっていた「光GENJI」への楽曲提供。
大ヒットした「ガラスの10代」や「パラダイス銀河」などはASKAの作詞作曲です。その他、中森明菜や中山美穂、少年隊など、アイドルへの楽曲提供を精力的に行っています。CHAGEも西田ひかるや早見優などに楽曲提供を、 84年にリリースした"石川優子とチャゲ" 名義の「ふたりの愛ランド」が大ヒット。

2人ともその活動の幅はどんどん拡大していきました。

「SAY YES」「YAH YAH YAH」ダブルミリオン,出すCDは飛ぶように売れた90年代。

1990年にCHAGE&ASKAへと表記変更。
91年、ドラマ「101回目のプロポーズ」の主題歌ともなり、彼らの代表曲にもなった「SAY YES」が
オリコンチャートで13週連続1位となる歴史的大ヒットとなり、282万枚を超える売上となりました。

ここからチャゲアスの勢いは止まることはありません。

アルバム「TREE」がわずか2週でミリオンセラーを達成。
ASKAはこの頃、ソロ・デビューも果たしておりシングル「はじまりはいつも雨」アルバム「SCENEII」がミリオンセラーを記録。92年、ライブ・ツアー「CONCERT TOUR 1992 BIG TREE」は当時としては異例の45万人動員のツアーとなり、その年に出したベストアルバム「SUPER BEST II」は270万枚を超える大ヒット。
その後出したシングル「if」アルバム「GUYS」もミリオン達成。そしてライブを映画化した「CHAGE&ASKA CONCERT MOVIE GUYS」を年末に上映し、当時はライブの映画化など失敗すると言われていたが、その常識を覆し、大ヒット。
93年には、ドラマ「振り返れば奴がいる」の主題歌でもあり、こちらも彼らの代表曲となった「YAH YAH YAH」が200万枚を超える売上を記録し、もはやチャゲアスの勢いはとどまることを知りません。
94年には、初のアジアツアーを開催。アジアでも人気だったチャゲアスは、当時としては海外で誰も果たせていない大規模セットを持ち込み、香港、シンガポール、台湾で計6万人を超える動員を達成。シングル「HEART/NATURAL/On Your Mark」「めぐり逢い」がミリオンセラーを記録。

90年~94年までのチャゲアスはまさに社会現象。音楽バブル時代を駆け上がってきたアーティストとして、その名を不動のものとしました。

95年には知る人ぞ知るジブリアニメ「On Your Mark」に楽曲「On Your Mark」が起用。「耳をすませば」と同時上映されています。このアニメはジブリファン及びアニメファンの間では宮崎駿作品の中でも傑作扱いされています。

そしてソロ活動へ、20周年にはふるさと福岡で大規模ライブ。

96年以降、CHAGE&ASKAの活動を一段落。それぞれソロ活動へと足を向け始めます。
99年までソロでの活動を経たCHAGE&ASKAの活動を始動。20周年でもあったこの年に、大晦日にふるさと福岡にて初のドーム公演でもあった福岡ドームでのライブ『千年夜一夜ライブ  福岡ドーム 僕らがホーム 』を開催。

この頃は所属レーベルの移籍変動が激しく、99年に東芝EMIへ、2000年にヤマハミュージックへ、2001年にユニバーサル・ミュージックへと移籍を繰り返しています。2001年から現在まではユニバーサル・ミュージックです。

00年~09年までライブ活動を精力的に行い、学園祭ライブなども行ってきた。

2001年に表記を今のCHAGE and ASKAへと変更。「ロケットの樹の下で」からシングルを立て続けに4枚出し、ライブ活動も行い、本格的な音楽活動を再開。
00年代は学園祭ライブや夏フェスや野外イベント、コンサートツアーなどを積極的に行っています。02年には青山学院大学での学園祭ライブ。03年には夏フェス「RISING SAN」へ出演。04年には25周年ツアー「CHAGE and ASKA CONCERT TOUR 2004 two-five」を開催。
07年に約5年ぶりとなったオリジナル・アルバム「DOUBLE」をリリース。それを引っさげたライブ・ツアーも行い、そして2009年、デビュー30周年のこの年に無期限の活動休止を発表しました。90年代と比べるとその活動の大きさは縮小していきましたが、定期的に楽曲をリリース、ライブも積極的に行い、充実した音楽活動をしてきたCHAGE and ASKA

2009年から4年後、2013年1月に、活動再開することを発表。
しかし、6月にASKAの体調不良によりライブなどの中止が発表されました。
そして今に至ります。

ASKAの復活を待つのはCHAGEだけじゃない、後ろには数えきれないファンがいる

CHAGE and ASKAが今までにリリースしたシングルは計48枚、オリジナルアルバムは計21枚、ベストアルバムは計6枚。ざらっとチャゲアスの歴史を振り返りましたが、30年もの間、2人で音楽活動をし続けるということがどんなものなのか想像もつきません。全盛期もあり、その後の低迷期もありと、成熟しきった2人の音楽をまだ聴き続けたい人はたくさんいるはずです。邦楽の一時代を築いてきた「CHAGE and ASKA」ASKAさんの歌声をもう一度聴きたいですね。

関連記事
ドリカムカバー!miwa、いきものがかり、JUJU、SCANDLなど! 「私とドリカム」超豪華アルバム発売!
オザケンこと小沢健二、16年ぶりにテレビ出演。 90年代半ば、一世を風靡したオザケン!「渋谷系」としてポップカルチャーの中心にいた彼。地上波テレビ出演するのも久しぶり。今までオザケンは何をしていたのか!?

 

Yah Yah Yah - Chage & Aska

 

SAY YES CHAGE & ASKA

 

パラダイス銀河 (他メドレー) 熱風Live CHAGE and ASKA

 

On Your Mark  ジブリ

 

Aska はじまりはいつも雨

人気の記事

こんな記事もあるよ