Ripy[リピー]|エンタメ、カルチャーを楽しむリスナーマガジン

Ripy[リピー]|音楽アーティスト アイドルを楽しむリスナーマガジン

星野源と二階堂ふみと椎名林檎って似てるよね 聴いてる人も

2015年10月29日

星野源×二階堂ふみ

星野源×二階堂ふみ

交際宣言で現在世間を賑わせているお二人。お似合いすぎるとの声が大多数、ホントにお似合いなカップル。どちらもサブカル系好きな人から好かれているお二人、星野源を聴いている人と二階堂ふみの映画を見ている人は同じだろう。そもそも2人とも映画「地獄で何が悪い」で共演を果たしている。その後2015年夏に資生堂のWEB限定ムービー「Snow Beauty」で再び共演。それがきっかけで交際をスタート。映画「地獄で何が悪い」はいかにもなサブカル映画好きが好きそうな映画である。

星野源

星野源

星野源(34)といえば昨年から今年にかけて超売れっ子になった「歌手」としての顔がある。作詞作曲も自身で行い、楽曲「SUN」は誰の耳にも入り込みやすい楽曲として愛された。4枚目のアルバム「YELLOW DANCER」は大ヒット間違いなし。フジロックなど夏フェスに多数出演。バンドマンとしても「SAKEROCK」のフロントマンとして長年に渡って活躍。今年解散。雑誌では細野晴臣との連載を携わっていたり、ミュージシャンとして誰もが認めている。そして元々俳優としても活動していた星野源、NHK朝ドラ「ゲゲゲの女房」など、映画「箱入り息子の恋」では主演を務めた。ドラマに映画はもちろんのこと、更に文筆家としても活動中。著書「働く男」「そして生活は続く」などがある。漫画も大好きであり、アニメ「聖☆お兄さん」には主題歌を提供。更にアニメ版ではブッダ役で声優も務めた。サカナクションの山口一郎と親交があったり、その活動の幅の広さ、多岐に渡って活躍できる才能から様々な業界人との繋がりを持つ。参加している作品など、活動履歴からサブカルチャー好きに好かれるのは必然的だ。

二階堂ふみ

二階堂ふみ

一方、二階堂ふみ(21)。沖縄出身、全国に配布されているフリーペーパー「美少女図鑑」の沖縄版でデビュー。それを見たマネージャーが沖縄まで駆けつけスカウト。その後ファッション誌「ニコラ」の専属モデルを務めた。ここまでは普通のモデルやタレントと同じような道筋だが、2012年公開映画「ヒミズ」での演技が評価され、女優としての才能を開花させる。その後、「脳男」「悪の教典」「渇き。」といった数々の日本映画に出演。ドラマにも出演しながら、映画女優としての道を進み始める。初主演映画が実は神聖かまってちゃんをテーマにした青春映画「劇場版 神聖かまってちゃん ロックンロールは鳴り止まないっ」である。ASIAN KUNG-FU GENERATION「新世紀のラブソング」のMVにも出演している。二階堂ふみはミュージシャンとの親交が深く、特にOKAMOTO'のメンバーとは仲が良い。OKAMOTO'SのオカモトレイジのInstagramには二階堂ふみと新バンドを組んだという写真も投稿された。音楽や映画は二階堂ふみにとって切っても切り離せない関係にあるのかもしれない。ちなみに彼女は慶応義塾大学にAO入試で合格している。まあ参加する作品と彼女の言動や風貌から、彼女もサブカルチャー好きに好かれている。彼女自身がサブカル好きであり、セックス・ピストルズを聴いて育ち、愛読書はハイデガーの「存在と時間」だという。

そんな参加作品もお似合いの星野源と二階堂ふみ。この2人の作品を聴いている見ている人も同じ系統の人だろう。

スポンサーリンク

二階堂ふみ×椎名林檎

椎名林檎

なんとなく似ているこの2人。二階堂ふみを見ていると若いころの椎名林檎を思わせる部分がある。二階堂ふみは映画での迫真の演技が目に行くが、彼女の21歳とは思えない大人びた言動、行動力、雰囲気、仕草、すべてに置いて同世代の女優とは何かが違う。年齢と内面が噛み合っていないような部分が若いころの椎名林檎に似ている。二階堂ふみが演技をしている以外の映像を見るとそれが垣間見えてくる。例えば日本テレビ系列「アナザースカイ」に出演したときも、その大人びた姿を見ることができた。椎名林檎は音楽番組のインタビューにて楽曲提供をするなら「二階堂ふみちゃん」と迷うことなく選んだこともある。今後楽曲提供の実現は近いかもしれない。実際、2人はすでに対談を行っており、今年発売された二階堂ふみの書籍「アダルト 上 二階堂ふみがきいた大人の話」では、雑誌「POPEYE」で行った椎名林檎との対談記録が掲載されている。

椎名林檎×星野源

一見繋がりがないように見える2人だが、リスナーはかぶっているだろう。椎名林檎を聴いている人は星野源も聴いている。星野源を聴いている人は椎名林檎も聴いている人が多いはずだ。同じフェスに出演したりすることから、リスナー層は同じ。そしてどこに繋がりがあるのかというと、例えば星野源のサポートギターを務めている長岡亮介。星野源のライブツアーにはいつも同行している彼は、かつて椎名林檎率いる東京事変のメンバーだった。「浮雲」の名で活躍しているギタリストで、現在も椎名林檎とは関わりあいが深く、椎名林檎のツアーにも同行。椎名林檎が2015年夏にリリースした楽曲「長く短い祭」ではミュージックビデオに2人で演奏する姿が映されている。ちなみに浮雲という芸名を付けたのは椎名林檎。2014年に星野源が横浜アリーナで行ったライブでは、長岡亮介と、上記のOKAMOTO'Sのメンバーであるハマ・オカモトとともにセッションを行った。この浮雲を通して星野源と椎名林檎に繋がりがあるほか、椎名林檎とは切っても切り離せない、音楽先生こと亀田誠治師匠。彼は星野源の楽曲「ギャグ」のアレンジを手がけている。という直接的な関係ではなく、誰かを通じての繋がりが2人にはある。

 

関連記事
理想の紅白歌合戦の出場者順を考えてみる こんな紅白なら見る!
真夜中に聴きたいサカナクションのおすすめ曲はコレだ!
バンプ サカナクションが恋愛の歌詞 曲を作らない理由は?ラブソングは作らない
椎名林檎に毒されたメンヘラ女子の末路 憧れ病んでは憧れて

 

椎名林檎 - 長く短い祭

 

星野 源 - SUN

 

人気の記事

こんな記事もあるよ